プロフィール

がっちゃん@社長

Author:がっちゃん@社長
元、投資会社社長

似顔絵は http://www.igosso.jp/ で作成しました。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功者の告白

神田昌典の成功者の告白。実はアルマックが正常に日常業務をこなせ無かったころの話も知ってるし、クッシュボールもリッツカールトンのクレドもSカーブも知っているし、詳しい紹介ホームページを読んで、大体解かったし、まあ先延ばしでいいやって思ってたんだよね。今のわが社の現状では経理はアウトソーシングして営業は自分1人で十分だし、部下は持たないから組織の自動コントロールや10億超えるときの知識はまだしばらくは要らないしと思ってた。 でも読んでびっくり、久しぶりにすんごい本ですよこれ! ここ数年間で一番のビジネス書。成功哲学&EQ&コーチング&リ-ダーシップ、育児保育、冒険物語、サクセスストーリーとしても1級品です。 何がすごいって::::::::::泣けた、2回も (ソッチカヨヲイ 神田先生(R・キヨサキと神田昌典だけはいつも「神」とか「先生」とか言ってしまう)が普段から「感動させる文章なんて簡単に書ける」って言ってたのは知ってたけど、これほどまでとは・・・。 さて、感動物語としての評価は上記のようになるんですが、ビジネス書としてもすんごいんですよコレが。 ビジネス、成功哲学、EQ、コーチング、神話の役割分担、コーチング&リ-ダーシップ、育児保育、どれもすごいです。部下を1人でも持つ人、そして「子供を持つ親」、家族と同居している人、全クワドラント、もっと言うと、全人類。「全人類がこの本を読めば人類のランクがひとつ上がりますね」。オレが国王だったら、全国民に1冊づつ送りつけて、翌月にテスト受けさせるよ、絶対。国が変わるもん。 なにせ、ショックでした。 必読です、人間として、1段高いところから今までの自分を見つめられます。 私や姉も強い影響受けてるんだけど、いわゆるアダルトチルドレン問題(英語と日本語の意味はずいぶん違うし、言葉の定義がばらばらで使う人によっては話がかみ合わないんだけど、)。戦後の急性長期に生まれ育った世代共通の精神的ゆがみ(今後何世代も悪影響が繰り返されると思われる)など、EQや家族関係、企業内の役割分担も深く掘り下げている。 コレはまさに、先日話題にした「読売の戦略」「鏡の法則」問題や以前書いた「急性長期の企業や成功哲学で自分を急成長させる時の危ういバランス問題」に直接答えを出してくれました。 私、偶然先週「EQリーダーシップ成功する人の心の知能指数の活かし方」読んで、いまいちだなぁとか思って1度しか読まなかったんです。ところが成功者の告白の巻末の参考図書の1冊目にこの本が載ってました。「いまいち」なのは、本じゃなくって、「私の読解力」! 今回一番の驚きは、クワドラントとはまったく別な概念の人の役割分担の4分類。自分が企業家そのもので、官僚や役人、銀行員、経理の人間なんかのもつ、くそまじめでサービス精神が無く、クリエイティブのかけらも無い人間が大っ嫌いな理由が始めて解かった。と同時に、そのような人が社会にも会社にも必要不可欠なこともこの年になって、始めて解かった(^^;;; 「何を勉強してたんだよオレは今まで」って感じ。 企業家、実務家、管理者、まとめ役の4分類がまったく違った考え方と個性。私は典型的な企業家で有って、管理者とは敵対関係にあるが企業には管理者を含め、4分類すべてが必要って所が新鮮な驚き。逆に1人で生きていくSやIは、他の要素もバランスして持たないといけないんだなぁとかいろいろ考えさせられる。 E時代、QC活動で改革の中心的役割で、古いダメな仕組みを改良することは私の超得意分野。クリエイティブな創造が人間の価値を決める、そんなことが出来ない、いつもブレーキ役に成る官僚な奴は人間のクズだって考えがあった。ポジティブはエンジンでネガティブは常に不要なブレーキと決め付けてた。 何も解かってなかったんだなぁと、とってもいい勉強になりました。 成長曲線中盤からはこの本知らないと、企業家の創業者社長は何でも新しい事、物に手を出して社内を引っ掻き回す問題児に成る。逆に知っていると、中盤からは優秀なリーダーとしてメンバーの成長を加速し、後半に暖めておいた次の商品、サービスで新たな成長曲線を描く企業の2段、3段ロケットの強烈なエンジンに成れる。 あと、リーダーシップってモノを正面から書いたビジネスの良書も見たこと無かったけど、この本はその面でも最高の部類です。 4分類の違った個性(ものの考え方)「企業家」「実務家」「管理者」「まとめ役」が必要なところはまさに、MMORPG(ロールプレイングゲーム)のパーティー(チーム)とまさに同じだね。 ポイントは、5~10年でこのチーム編成がめまぐるしく変わらなければ、数億の壁を突破できないこと。 又、急成長しても、話題になっても、結局10年で90~95%の企業が倒産、崩壊するってことの答えもこの中にあった。自分はこのことを知っているし、SのSE&PGとして5年以上生き残ったから大丈夫だと甘く見てたけど、見当違いの大馬鹿野郎だということも良くわかった。人の成長は自己否定から始まる。心を改めて、日々精進しましょう、人間として、投資家として、起業人として、社長として。 ちなみに、コレまで上げてきた推薦書すべてを読んだ後にコレ読んでください。順番逆だと、勘違い野郎に成る恐れ有り。
スポンサーサイト

テーマ : あなたの人生を変えてみませんか? - ジャンル : ビジネス

<< ハイパーインフレ | ホーム | 今日は皆さんに質問です >>


コメント

あぶない、あぶない。最後の忠告読んでいなかったらそのまま注文してしまいそうでした。すべてを読破して理解している人の言葉は大切にしないといけないですね。忠告どうもありがとうございます。きちんとした順序を守っていかないといいものも悪いほうへと行きかねませんからね。

この本は、本当に素晴らしい本だと
私も感じました。

実際に、私も多くをこの書籍から学びました。
私も、とある方から、この本を薦められて読んだのですが、
読んだ時の感動は、未だに覚えているほど、
衝撃的でした。

世の中には、たくさんの書籍が存在しますが、
素晴らしい良書に会うと言うことは、
コーチ(メンター)に、会うことと一緒だと
私は感じています。

これからも、多くの良書を読み、
そして、自分自身も良書を出版して行きたいと
考えております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

satoさん、優真さん、スターフィールドさん、やっぱ自分に投資することって、1番大事だね、普段やってるつもりでもね。

学校卒業してからが本当の勉強。




このサイトの読者はB、S、Iに成りたい人が多いと思って、読む順の指示をしました。
そんなものに興味が無くって、タダ単に家族関係の改善や成功哲学や物語として読みたい人は、コレいきなり読んでもOKです。
実は某コミュで、勘違いした人の発言に勘違いした人がコメント残したツリーがあって、気になったもんで、支持しちゃいました。

良く見ると、成功の告白の最後にも神田先生ジキジキの読む順番の指示がありました。

>企業家、実務家、管理者、まとめ役の4分類がまったく違った考え方と個性。私は典型的な企業家で有って、管理者とは敵対関係にあるが企業には管理者を含め、4分類すべてが必要って所が新鮮な驚き。

この部分、神田さんは桃太郎の話に例えていましたね。私は実践会にいましたがニュースレターに詳しい解説があります。 それにしてもすごい人ですよね。

「非常識~」からわずか数年でココまで来ちゃってるんですから、「天才」というよりは「カミワザ」「神」と呼んじゃうんですよね。

親の代からのSの家業を持っている人が実践会に入れば、マーケティングをまねすれば、片っ端から成功者、億万長者に成れるって言うのを証明しちゃったんですから。

でもEは神田式だけで簡単に成功は出来ない。

私はEをB,Iに導くR・キヨサキの考え方(特にクワドラント)をミックスして、Eや学生にも成功者、億万長者に成れるってチャンスを与えたい。

お勧めした本を気に入っていただけてなによりです。

がっちゃんさんのブログを読んでいると、私はまだまだ人に物を伝えることが下手だなと思いますね。

これはセールスにも繋がるんで今後の改良点ですね

実は本屋に発注した後、この本値段違いで文庫本の安いのが出たときの混乱でキャンセル扱いになっちゃって、今頃読んでます (爆

>これはセールスにも繋がるんで今後の改良点ですね
まあ、セールスマンは雇えば済むことだからね。
セルダン@会長が社長をやる2社目ではセールス部門をアウトソーシングしてもらおうかなw

人は誰でも4分類のどこかに入るから、Sカーブ5年の内に必ず出番が有ると、逆におとなしくしなきゃいけない時期もあると解釈しました。

共感です

久々にミクシーを覗いてたどり着きました
私も現在読書が好きです。
ロバートキヨサキ(先生?)も好きです。
私が本を読む切っ掛けが『鏡の法則』の著者野口嘉則さんのブログでした。
そのブログは凄く為になる事がぎっしり詰まっていました。
その私の心や考え方を変えさせてくれた野口嘉則が1年間に読んだ本の中で今年のお勧めで紹介されていて本がこの『成功者の告白』でした。
とても読みやすくわかりやすい本だったのを覚えています。
久々に思った事をまとまりもなく書いてしまってスミマセン。
石垣さんの名前は石垣島に関係があるのですか?
私は北海道生まれの石垣島育ち。
現在は糸満在住です。
私もキャッシュフローゲームを購入しようと考えています

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。