プロフィール

がっちゃん@社長

Author:がっちゃん@社長
元、投資会社社長

似顔絵は http://www.igosso.jp/ で作成しました。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

# イメージで捉える事と、論理的に考えること

イメージで捉える事と、

論理的に考える事は

対極にあるって勘違いしてる人も多いようです。



でも、これは相反する関係じゃないんですよね。


例えば、晩御飯。

1.
カレーに使用ってメニューを決める。今日はカレー
つまり、目標をイメージング

2.
材料を検討する。
何が必要か、カレー粉、肉、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ・・・

と、イメージングは必須。

明確にイメージングせずに作ると、材料が足りなかったりする。

料理をする人なら、カレーなんて数え切れないくらい何度も作ったことあるから、何も考えなくっても作れる。
初心者でもなければ、車を運転するのにシフトチェンジなんて意識しないよね。
無意識にクラッチ、アクセル、シフトを複雑に操作している。

成功することも同じ事。

投資も。

ビジネスも。

成功したことが無いなら、イメージングが重要。

目標を明確にイメージング。

そこまでの道のり、必要な材料、やり方などを細かくイメージング。

コレが必須。

統計的には、ほとんどの人は、成功できない。

それは、イメージングが出来てないから。

常識では成功は出来ない。

「成功しない大多数の人の考え方=常識」だからね。

繊細に成功までをイメージングすれば、常識では成功は出来ないということが解ってくる。

常識しか浮かばないなら、まったくイメージングが出来てないってこと。

イメージングをきっちりやっていくことは・・・。

今の自分と成功者の未来の自分を1ステップずつ分解して考えて繋げる事。


ズバリ、
論理的に考える
って作業が出来るかどうかにかかっているんだよ。

せいこう
スポンサーサイト

# ケータイのデジカメ機能

ケータイのデジカメ機能ってピクセル数じゃないね。

2年前に買った2メガピクセルのAUは分厚くて重くて画質がきれいでよく撮った。
半年前に買った2メガピクセルのソフトバンクは軽くて薄くて画質がメッチャ汚い。
ブログに上げても見れたもんじゃないので、まったく撮らなくなった。

2メガピクセルのソフトバンクの後継機は5メガピクセル。
でも、まともに写るのかなぁ。

どうやら、カメラって、厚み=焦点距離や、レンズの直径なんかが画質にもろに影響するらしい。
受光ICの面積も影響するってのもあるらしい。
フィルムカメラも、同じフィルムなら、使い捨てより、バカチョン、オートフォーカス、1眼レフだよね。

ケータイの5メガピクセルより、2世代前の分厚いデジカメ専用機らしい。
光学部分の出来がいいからだろうね。

というわけで、ソフトバンクケータイを持つ。
と一緒に、AUを2Gのメモリ積んだデジカメ&MP3プレーヤーとして持つ。
コレで最強!

なんだけど、ポケットには分厚い財布
ジャラジャラKEY

なので、もうムリポ。

ポーチ持ったら、確実に忘れてくる「わすれんぼ」。
だから、中学からズボンのポケット意外には何も持てないんだよな。

というわけで、ここまで書いて気がついた。

ベルトにAUデジカメ
だったら行けるかも。

忘れてもどうせ使う当ての無いAUだったらあきらめられるしね。
問題は、夏のズボンにべると

ノートPCのリユース

古く、遅くなったノートPCはいずれ買い換えられる運命にある。
速かれ遅かれ。

さて、私のノートもCeleron-M1.3ghzでOSも不安定。
立ち上げてHDDアクセスランプ消えるまでに3分半もかかる。

なので、リファインしてリユースする。

ハードは、CPUを換装し、クロックを調整。

HDDも高速大容量に換装。

SSD(電気的なHDD=シリコンディスク)をCARDスロットに追加。 
イマドキは、こんなことも可能なんだってさ。
ランダムアクセスが機械的スピードから電子の早さになるから、起動時間が数十秒まで短縮できるらしい。費用対効果によってはやるかも。

仕上げはOS再インストール。

まずは、CPUアップグレードをしばらく前からやっている。
全体工数から言えば、買い換えたほうが楽ではある。

まあ、エコと趣味 ってことで、楽しんでるから良いだけど。

東芝の 「satellite J32」の15inch液晶の厚くて重いモデル。
っていう、絶対に個人ユーザーが買わない機種だね。

ノートPC特に東芝の場合、CPU換装交換はもちろん、クロックアップなんてやってる人はどう検索しても出てこない。
ホームページもブログもBBSも無い。

ネット上の情報量は限りなくゼロ、この時代に (^^;;;;

完全人柱状態で、生まれてはじめて、ノートPCをバラス。
はっきり言って、抜いたビスは30本以上。
隠しファスナー10箇所以上。

キーボードも液晶もはずした。

これで無事、CPUにたどり着いた。
4本のビスを抜いてファンをはずす。
ソケットからはなんと、レバーじゃなくって、ビスを回して抜き取る。
何時代なんだよ。

Pentium100Mhz依頼DOS-V組んでるけど、初めてだよこんなの。
まあ、ハンダじか付けじゃないだけいいけど (^^;

ここまででソケット479のPentium-Mの1.6Ghz FSB400が入ることしか解ってない。
そして、前回オークションで落とした幻の2.4Gは本当に幻で返金された。

Pentium-MはFSB400、533の1.8Ghzしか手に入らないようだ。
でもオーバークロックすれば4Ghz近くまで回るとの情報もネット上にはある。

J32はBIOSでオーバークロックはできないことを確認した。
やるならWin上のソフト、GETFSBかCLOCKGENしかない。
どちらも水晶発信機をコントロールする石:PLLが解らないと使えない。
ネット上にある情報の9割は、クロックアップ用マザーの情報ばっか。
ASUSU、AOPEN、GIGABITEとかだよね。

東芝みたいなお堅いメーカーの情報はほぼゼロ。
ノートでPentium-Mだから情報はカケラも無い。
マザーを3回、ナメ回して見るが、やっぱそれらしき石は無い。

よく考えると、このマザーにはチップセットもグラフィックチップもヒートシンクも無い。
そして、マザーの下とそこのプラスチック板の間に、5mmぐらいの隙間がある。

う~ん・・・・。

マザーの裏しか考えられない。

薄々感ずいてはいたが、
これ以上はヤバすぎるなぁ。

普通に考えてはずしたら元に戻らなさそうなんだよね、この先は(^^;

でもやってみた (爆

両面テープもはずす。
接着剤攻撃もかわして。
表側からも全撤去。

でも外れない。

プラスチックボードもはずし。
BOXレンチも使い。

モンキーまで出して、特殊なピンみたいなやつはもぎ取ってしまい、再装着不能(^^;;;;
FDD,CD-RW、PC-CARDなど、全部剥ぎ取ってGOAL!
裏面のマザーが見えた。

でもPLLが見つからない。
2回見たけど見当たらない。
っていうか、PLLって見たこと無いから、どれだかまったくわからない。

あきらめて閉じようと思ったけど、コーヒーブレイクしてみた。
ネットを覗くが、答えもヒントも無い。

閉じる前に、最後の1回、じっくりICの印字を読み上げてみると・・・。

有ったよ!
メチャメチャ小さな字で
「ICSUA034947A-0432-950812CG」

そして、ビデオチップもチップセットも小さい文字だけど、しっかり読める。
これでFSB400だけのINTEL945GM対応じゃなくって、
FSB533もOKのINTEL945GMだって確認もできた。

って、

何かがおかしい。

んんっ???

そう・・・

なんで、ビデオチップもチップセット読めんのよ!
20年前のPCじゃあるまいし。

ビデオチップもチップセットもヒートシンクも無いわけぇ! Orz

とりあえず、アルミ缶と大型カッターナイフの刃で作ってみた。

それぞれ、面積15倍、5倍の平面ヒートシンク (爆

効果のほどは。

疑問!?

だよね、やっぱ。
私もそう思う。

でも隙間がほとんど無いから、これ以上はほぼ無理なんだよね。

それぞれ小さな空気取り入れ口の穴が数個ある。
後から、外側から、熱した釘で
押し広げるぐらいは出来るけどね。

ってなわけで、仮組みして早速実験。
標準のCeleron-M1.3Ghzは、FSBが400。
でもなぜか、メモリは133Mhzではなくって、166Mhzなんだよね。
余すところ無く、メモリを回してる、チップセットえらいぞ。

でも、低いFSBのCeleronの強みがまったく無いんだよな、コレじゃ (^^;

3割、6割クロックアップしても、メモリもチップセットも低格で無理させない。
って言うCeleronの強みがまったく無い。

激マズー!

さて、MEMSET起動で足を引っ張らないように、メモリ最遅設定。
CLOCKGEN起動でPLL設定。

が、

出来ない、PLLが対象外だった(^^;

しかたない、GETFSBに掛けるか。

んんっ!?

こっちもリストに無くってPLLが対象外。

これで全滅。

クロックアップ不能!

なので、ノンアルコールビールでヤケ酒。

しながら調べてると、

「ICSUA034947A-0432-950812CG」は無い。
でも、似たようなのがある。
「ICSUA034947A-0432-950812BG」。

「C」と「B」

コンピューターの世界では1字違えば大違い。
「.」と「,」だってまったくの別物。

仕事だったらそうなんだけど、

ま、

遊びだからイイジャンね、
見なかったことにしよう (爆

16進で書けば、こんなに長い文字列なのに、

「1違うだけ」だしね


ハハハ まあいっか アハハハハッ (^^;;;

で、FSB5ずつ上げると、あっという間に、1.3Ghzマシンが1.6Ghzマシンに早代わり。
新品価格が倍近く違ったのにね。
ソフト設定初めて5分でコレだよ。

この手軽さ、
コストパフォーマンス
で、オーバークロッカーが生まれちゃうわけだ。

石が壊れたらどうすんのって!?

ヤフーオークションで予備の1.4Ghz(って言っても元の石より速いんだけど)のCeleron-Mを
最強の100円落札してある。
だから、「モーマンタイ」
まあ、今までに20回以上オーバークロックをやった。
何度ハングさせてもCPUもメモリも壊れたことは一度も無いけどね。

グラフィックボードは1回壊した。
2,3万円する新品を買った日に5分で壊した。
あれいらい、グラフィックボードのオーバークロックはキッパリ辞めた。
だって、グラフィックボードは体感できるほど、オーバークロックは出来ないんだもん、意味無し。
って悟った。

でも、CPU上げたくてFSB上げるだけで、
多くの場合はつられてオーバークロックに成っちゃうんだよね(^^;

チップセットも1回壊れた。
でもそれはもうすでに、寿命っぽかった。

4,5年使ったFMV。
最初のDOS-V。

Pentium100MhzをK6-200Mhzまで遊んだから十分でしょう。
BIOSもHDDもメモリもCPUもグラフィックボードも。
すべてをいじって、すべてを勉強した。
ソフトは仕事で、ハードはFMVで。

その後はずっと、無改造で2年以上使って、
古くなって遅くて不満が出てからいじる。

なので、壊れても惜しくも無いんだよね。
今回もそうだけど。
もうそれ以上はノーマルで使う気にもなれないPCの復活の儀式なんだよな。
新しい魂を吹き込んで、あと2,3年遊べるもんね。
予備機とモバイルは常に必須だしね、
私の場合。

ネット無いと死んじゃうから。

まったくいじってないNECが1年以内の保障期間中に不安定になって、
修理に出したらマザー交換だったことがある。

電源も2,3年すればダメになることもある。
まあ、PCの寿命ってすごく短いんだよね、元々。

ちなみに、1度ベンチマーク2時間走らせて電源切ってすぐにマザー触る。
と、熱くて触れないマシンが半数以上だよ。
Pentium4やAthlonの2.5Ghz以上だったら全部がそうだけど (爆
つまり、プラスチック(CPUもそうだよね)が溶けたり、ハンダが劣化するよね。
動物のたんぱく質がゆで卵みたいに硬貨するのが60度。

それより熱いんだもんね!

なので私はPC開けたらコンデンサ周りとかにヒートシンク貼り付けたりするんだよ。
すると、60度以下になって触れる。
おそらく、アンチエージング=延命措置になるでしょう。

さて、1.6Ghzが当時のPentium-Mの上位機種。
なので、ここからはFSB2,3Mhz刻みで上げてみる。
と、1.7Ghzで早くも画面が壊れてフリーズ、早っ!
今回は、2割5分程度のビミョ~なクロックアップに終わった。
いくらコストゼロでも、コレ使う気に離れないなぁ。
3割は高速化しないと、体感できないからね。
だったら安心できる分、定格のほうが良い。

というわけで、FSB533版Pentium-Mのオーバークロック耐性をネットで検索しよう。
ダメなら素直に、Pentium-Mの1.7Ghz、1.8Ghzを定格使用だな。

行けそうなら、ロット指定で買えるヤフオク最強!

20%以内しかダメそうなら、無理しない。
最高クロックかその下あたりを買って、定格使用だね。

と、方針決まったから、ヤフオクヘGO!
次の週末までに決着付けるど。

追伸。
この長いカキコの第一目的
それは自分の記録の為にやってます。
PC全滅しても火事でも地震でもブログは生き残るからね。

屋根に登ると・・・

2Fの屋根に登り、隅から隅まで観察すると・・・

いろんな事が見えてきた。

1.
まず、2Fに9畳分の増築が自分でやれば、材料費20万円、実工数20人口以下で出来ること。
薄々感ずいてはいたが、これはメッチャ簡単。

2.
近所で同じ材質の屋根だと、まったく同じ色の素材を使っていることが日所に多いこと。
さすが、元商店街だった下町だね。
横のつながりが強くって、同時期の増改築を同じ業者に大量発注してスケールメリットで安く済ませてると見た。

ちなみに、我が家の屋根材は2/8が瓦、1/8がコロニアル、5/8がガルバリウム合板。
我が家と隣の家は、増築時期も屋根のデザイン、勾配も同じ。
違うのは、最も施工時期が古い部分の屋根材が瓦のままだって事ぐらいだね。
隣がコロニアルに変えた時期に、うちは1部瓦を残していた。

あと、我が家の屋根は、建築当時のままやり直してないところはまったく無いね。
これは近所も同じで、素焼きの瓦は30年もは、もたなかったってことがわかる。

3.
TVアンテナについて、意外な事実が解ってきた。
これについては詳細わかり次第また書くかも。

4.
これが1番の驚きなんだけど、大阪、住江は風が十分吹いているってこと。
風が弱いって言うのは、1,2階しか知らなかった誤解。
3階は十分風が強くって涼しく快適だった。
最上階は屋根断熱が不十分だとすごく暑いって事は今まで十分味わってきた。

一方、3階は涼しいって話も何度も聞いたことがある。
これだね!

近所では、地価が上がった後の、築20年以内の物件は圧倒的に3階建てが多い。
バブリーだったってこともある。
でも、地価と相談すると、階建てのほうがバランスが良かったんだろうね。
でも快適性から言っても、30坪の土地に2階建てより、20坪に3階建てが正解だよ。

5.
2階の上に3階建てを立てるのも有りだ。
が、2階の上にベランダ(バルコニー)を20条ぐらい作るのが現実的。
予算10万円&7人工以下で簡単に実現する。

6.
約10畳の瓦を撤去してコロニアルにするのには予算数万円で可能なことは知っていた。
でも、瓦の撤去が重労働で危険だから躊躇していた。
私は地上2,3mが一番恐怖を感じる。
それが理由で大工を諦めた事を思い出した。

でも、今回の現場を見ると、まったく危険が無いことがわかった!

元商店街のメインストリートの為、通り側に雨が落ちないように壁が立ち上げてある。
屋根勾配もユルユルに緩い。
高所作業ベルトも、登山用ロープも持ってるしね。
マイペースでゆっくりしっかり作業できるし。
瓦を落としても道へは転がり落ちないし。

まったく怖くない (^^

7.
前後長が15.72mも有って、部屋数も多いから、暗い部屋もあるんだよね。
でも瓦を撤去すればOK。
結構簡単に明り取りの天窓が作れる間取りだったりする。
実家の総ガラス張りの温室を撤去すれば、ハメ殺しの天窓の材料は12へーベー以上有るしね。

8.
2階の天井は断熱材を入れてかなり効果はあった。
でも部屋によって2,3度の温度差がいまだにある。
原因は簡単。
屋根裏部屋に換気口が無くて熱気がコモルから。
そして開口部は簡単に作れる。
邪魔な瓦屋根さえ取り払えば。

9.
そして、瓦屋根とガルバリウム合板部分は安価に、簡単に断熱性が上げられる。
通気層を持った2重構造にするのに、とJIS1級耐水合板+根太や2X4材をはさめば良いだけ。
断熱材はちょっと高いけど発砲ウレタンか発泡スチロールだね。
ここまでの材料費単価は坪あたり5千円。

仕上げ材は勾配の緩いところは、ガルバリウム合板。
キツイところはでもコロニアルのほうがさらに良いね。
まだ屋根は傷んでないけど、耐久性は30年延命OKなので安いもんだ。
2重張りでさらに安心感アップだしね。
材料費は最高級素材使用でも、坪単価は、わずか1.5万円前後だね(^^

ってなわけで、いつでも時間が出来たら調子いいぞ。
良い暇つぶしがいっぱい出来たからね。

というわけで、
ますます、
大阪暮らしは楽しさを増すねっ♪

追伸。
やっぱ私のペースだと、大阪のエアコン代は沖縄の半分、楽勝だねっ (^^)v

お勧め!天井裏の断熱

天井裏の断熱、相当良いですよ。
お勧めです!

今日は暑いのに、2度下がりました。
メッチャ快適!

私は沖縄の暑い夏でも、1年で3回しか冷房運転はしなかった。
毎日除湿運転でOkなんだよね。
そんな人なら、この2度の気温低下は特に効果的。

エアコン入れても効きが断然良くなったし、止めても涼しさが持続する。

小型インバーターエアコンの1年の冷暖房費は約3万円。
これが半減すれば、1年で1.5万円の支出減。

10cmの断熱材は20畳で5千円。
10畳だと2千5百円。

1年目の投資効率=600%!

これが損切り無しのプロの投資です。

これは毎年確実に儲かる投資です!

ありえないほど、オイシすぎる!

というわけで、隣の部屋の天井裏も今朝、施工しちゃいました。

そして、昨日工事した私の部屋の天井は、さらに1枚敷いた。
2段重ねで、20cm厚にしちゃいました。

ちなみに、10年以上前に大工やってたときの北海道No1施工実績の土屋ホームは、30cm厚。
さすが雪国の高級住宅は違うね。

まあ、ほとんど雪も降らない大阪ではそこまではいらないだろう。
けど、タダ同然で出来るし、やっちゃうかもね、そのうちに。

なにせ、
施工は、
天井裏に行って、
ただ単に布団みたいに敷くだけだもんね。

小学生の女の子にだって出来ること。
簡単だよね。

出来ない人は、私が行って、一緒にやってあげるよ。

リフォームコーチングの現場出張サービスを活用してね。
人生変わるよ!

あなたも、
出来る側の人になろう!

重要なのは、知ることではない。

出来ること。

結果を出せること。

そして、経験と自信。

5分で解るタバコの現実

5分で解るタバコの現実

WHOが発表している。
毎年タバコで540万人死んでいる。

ちなみに、第二次大戦での日本人の死者数は170万人ね。

タバコは戦争そのもの
だね。

静かに惨殺して、殺された人は自覚も無い。

本人が死ぬのは自由なんだけど、タバコが本当に怖いのは・・・

副流煙

じつは、吸ってる本人より、家族のほうが被害多いんだよな

物欲、心引かれる・・・

最近、物欲が爆発して、ヤフオクでPCとスクーターの部品を落としまくってる。
って言っても捨て値やジャンクパーツばっかなんだけど。

今日は、この右にあるASUS Eee-PCっていうのが欲しくってしょうがないんだよね。
重さ1kgを切って、値段100円ってのが、すごいよね。
店頭で遊んでみたけど、意外と軽快なんだよね。
出張でプロジェクターに写したり、移動中も電車やバスでつなぎ放題でネットも3Mbpsで軽快に出来るし。
ハードディスクを使わず、電子ストレージだからCPUの性能の割りに良い感じ。

この分野を築き、独走態勢のASUSは、数社から販売される対抗商品を牽制して、一気に値下げしてきた。
もうすぐ上位機種が日本発売ってのもある。
2年間のイーモバ加入の縛りで、支払い総額は10万円を越えるんだけど・・・。

まあ、買っても冬まで海外旅行に行かないし。
いいオモチャにしかならないんで踏みとどまってたりするが。

「生まれて初めて新品で買いたい」
って思った出来の、メーカー製PCだ。
って言うか、家電、AV関係含めても、数年ぶりに買いたくなった製品でもある。

買わないにしても、調べ事だけは終わった。
30%のクロックアップが出来たり。
1万円+αで桁違いに高速なHDDが積める事。
2ギガのメモリの搭載方法など。

脳内妄想レベルでは既に、買って、いじって、満足しつつあるなぁ。

このまま買わずに飽きることが出来そうだ(^^;

リフォームコーチング会員募集!

リフォーム&賃貸不動産投資コーチング
を、始めます。

開講記念で、今なら、特別会費にて会員募集中!

壁塗り、断熱工事、水道管工事、フローリング張り、床、壁、天井張りなど、大工工事すべて。
リフォーム一般についてコーチングいたします。

元大工、現役大家で投資家のがっちゃん@社長があなたの強い見方、名講師に成ります。
そう、半年で20坪の増築をやった経験すべてをお伝えします。

成功するには、優れたメンターが必要ですよ。
リフォームも不動産賃貸業も一緒。

学生時代は毎年100万円の授業料を払ってましたよね!?

卒業以来、社会人になってから、勉強にお金を使ってないって人は多いんじゃないですか!?
新しい知識、スキルが身につかないって事を不思議に思ってないですか?

当たり前ですよね。勉強にお金使わなきゃ、スキルアップしないよね。
不動産賃貸業なんて、ローン組んで物件買えば、誰だって始められます。
はじめるのが目的ならばね。

でも、儲けたいっていうなら話は別です。
路線価の半額で土地を買う方法を知ってますか?
実践できますか?

がっちゃん@社長は今年、大阪市内で実際に、路線価の半額で土地を買いました。
しかも、30坪の家付きです。

私の持つノウハウすべてをコーチングでお伝えします。
何度でも、あなたが理解できるようになるまで。

無料電話のスカイプと、Softbankケータイ、e-mail、FAXを使って、あなたのリフォームを支援します。

図面、現場写真などを送ってもらって、あなたの家に最適な施工方法、材料などを、一緒に納得行くまで、考えましょう。

施工方法のツボも伝授いたします。

リフォームって、水周りだけで、300万円~500万円かかるよね。
それが10%でも安く済むなら、コーチングを受けるのってすごいお得だと思わないですか?

プロの大工がフローリング工事をやっても「キュッキュッ」て床が鳴いたりするよね。
鳴かないようにするには、2、3のコツが有るんですよ。

コツ、ツボを知ることってことは重要ですよ。

知らずに、物件を買うって、知らず知らずに、損してるんですよ、数百万円~数千万円単位で。

知らずに、不動産投資をするって、無謀だと思わないですか?

物件を買う前、リフォームをする前に、がっちゃん@社長のリフォームコーチングに入校することを提案します。

年間授業料は10万円。
驚きの激安設定です (^^

この授業料が払えない人は、不動産投資で成功することは、ムリでしょう。(^^;;;

開講記念の今なら9大特典付きです。

1.私の物件:一風館に招待します。
リフォームのすべての成果をお見せします。
作業方法、工具、材料の解説つきで。

2.物件激安買い付けの方法をすべてお伝えします。
物件の実際の探し方も教えます。
あなたの街でも同じ方法が使えます。

3.入校料50万円も開講記念で無料にいたします。

4.希望者には、バイクいじり、エンジン、キャブレターのオーバーホールコーチングも付けちゃいます。

5.希望者には、ユーザー車検も教えちゃいます。

6.希望者には、パソコンいじりも教えちゃいます。
  (CPU、ハードディスク、メモリーのアップグレード、オーバークロック)

7.希望者には、トレーディングのツボも伝授しちゃいます。

8.希望者には、成功するまで続くビジネスコーチングもついてきます。

9.希望者には、がっちゃん@社長との夢のお茶会も付けちゃいましょう。
  (場所は大阪、東京です。大阪は随時、東京は3月までのいつかになっちゃいますが)

なお、特別開講記念企画で、出張現場サポートも特別に行います。
大阪からの交通費実費+5万円で、あなたの家(賃貸物件含む)に実際に出向きます。
あなたの家に最適なリフォーム計画を一緒に考えましょう。

後日、施工するときにも勿論、何度でもコーチングのフルサポートが受けられますので、安心です。

こんな学校有るって、聞いたこと無いけど、なんと20日のクーリングオフも付けちゃいます。
コーチング受講後でもクーリングオフ受け付けますから、安心して応募してください。

人生、劇的に変えちゃいましょう、今すぐに。

楽しみながら、成功しちゃいましょう。

私と一緒に。

「大事なことは、何を知っているのかではない。誰を知っているのかだ」 by ロバート・キヨサキ

人間、学ばなくても、生きていけます。

でも、学ばなければ、幸せになれない


電話:080-3941-3650

天井断熱工事

梅雨が明けて、暑い日が続く。

1Fは涼しいけど、2F、最上階は暑いって家は多いよね。

一風館も古い作りだから2Fは暑い。
天井裏に入ってみると、案の定、断熱材なんか使われてなかった。

ってなわけで、今日は断熱工事。

遅い朝食の後、天井裏に上がってみると、そこはサウナだった。
5分で汗ダク。

4,5時間の格闘で、10畳分の断熱工事完了。
PCとベッドが有る部屋分だね。
これで1日の大半を過ごす部屋がエアコン要らず、またはエアコンの機器が良い部屋に早代わり。

古い家も新築の家も、断熱性能に限って言えば、断熱材が入ってるかどうかだけの違い。
だから入れれば良いだけだよね。

簡単ジャン♪

効きがイマイチだったら2枚重ねにすれば良いだけ。

超、簡単ジャン♪

今回の材料費は5千円。
2枚重ねでも1万円だね。

ちなみに、私が大工やってた、超高級住宅の土屋ホームの長野県仕様だと、なんと30cm厚!
だから、3枚重ねにすれば良いだけなんだなコレが。

大阪の暑さと寒さを見ながら、必要な暑さまで重ねていくとしよう。
焦る必要も無い。
じっくりと行こう。

ってなわけで、あと20畳ぐらいあるけど、繰り返すだけだから楽勝だね (^^

PCもバイクも家も投資もビジネスも全部一緒。

満足できる結果になるまで、改善、改良、しまくれば良いだけ。

やっぱ、簡単ジャン♪

起業家が成功しない1番の理由

2年前、このブログを始めた頃すぐに書いた事だけど。

商工会議所の起業家セミナーでもよく話に出てくる。

「この会場にいるほとんどの人は企業家として成功しません。」

「ほとんどの人は同じ理由です。」

それは・・・






起業しないから (爆

これが成功しない1番の理由。

多くの人は、その先に起こる多くの壁や困難が見えちゃう。


「大変だから止めよう。」

ってなるんだよね。

ほとんどの人はこの時点で止める。



一方、一部の人にはその先に起こる多くの壁や困難が見えない。

簡単だろうと思って挑戦する。

当然、多くの壁や困難にぶち当たる。
そのとき、おもう。

「簡単じゃなかった。」
ってなるんだよね。


そしてすぐに辞めてしまう。


両者ともに、成功しない。



「多くの壁や困難があるに違いない。」
それぐらい覚悟してから起業しましょう。

そして、
壁や困難のたびに、

「つまずこう」

「ジタバタしよう」

「失敗を繰り返そう」


「解決方法、
リカバリー、
スキルが
身につくまで何度でも挑戦し続けよう。」


「成功するまでずっと」

ただそれだけ。

それだけなんだよ。

成功するまで挑戦を止めない

すると、いつかは成功できる。
3ヵ月後か、3年後か、40歳になるまでかはわからないけど、

いつか必ず成功する。

止めなければ。

「できる人」になるのは簡単

「できる人」になるのは簡単。

たとえば「エンジンをオーバーホール」も「ノートパソコンのCPUやハードディスクをアップグレード」も同じ事。
あなたにできますか?
やったことありますか?

やったこと有るって人は全員知ってる事実。
それは、うまくいくまでには誰でも失敗したことが有るってこと。

やったこと無いって人は全員、失敗して、イジリ壊すのが怖い。
バラバラにして組み立てられないのが怖い。
失敗するのが怖い。
余計な出費が怖い。


うまくいったことのある人は、多かれ少なかれ全部経験している。

バラバラにして組み立てられな買ったことがある。
失敗したこともある。
余計な出費もしたことがある。

私はPCもエンジンも壊したことがある。
でも、できるようになるまで、繰り返しやり続けたからできるようになった。

これは家の増改築も同じこと。
トレーディングだって同じ。
ビジネスだって同じ。
セールスも。
マーケティングも。
対人コミュニケーションも。
以下略。

絶対的な成功法則。

どんな分野にも当てはまる。


そして、できない人が全員勘違いしているところ。

それは・・・

できるようになった人でも

しょっちゅう失敗を繰り返す

っていう事実


私も今現にバイクをオーバーホールしていて、いじり壊している。
余計な出費もしている。。

何箇所も!

ネジ山もナメたり、ボルトも折れたり。

十年以上前の古いバイクなんだもん当然だよ。

固着して、
錆付いて、
硬化したり、
もろくなったり、
そりゃナメるし、折れるよ。

ナメて、折って、そのたびに苦労して、
リカバリーの技術が身につく!

ネジ山をナメたら、
「金ノコで頭に切込み」を入れて
「マイナスドライバーで救出」したりとかね。

リカバリーの技術は書ききれないほど、いくらでもあるんだよ。

成功者は、
何度も失敗を繰り返す。
そして、結果が出るまで、やり続ける。

コレだけ。

簡単だよね。


以上!

大阪の夏

生まれたときから、20年ぐらい暮らした大阪。

久しぶりに帰ってきた。
大阪の夏は熱帯夜が多い。

盆地は温まりやすく冷えやすい。
日中暑くて夜寒い。
夏暑くて冬寒い。
暮らしにくいといわれている。

でも7月中旬の夏本番なのに、意外と暮らしやすい。

今日も34度。
しかも、湿度がたったの39%で、メッチャ快適!

市内に住んでるから、バイクと自転車でどこでも行ける。
車よりも、電車よりも、断然快適で足代要らず。

ミナミの中心部:難波まで6km。
電気の町:日本橋までも6km。
海までも2km。

メッチャ便利!

意外と快適。

FM大阪聞いてると、夏休みの感覚がよみがえる。

めっちゃリラックス!

そして、自由を感じるよね、夏休みって。

今足りないのは、ドキドキする恋愛か!?
出会いを求めて町に出なきゃいけない気がする。

が、オタッキーにPCとバイクで遊んでるあたりが、学生時代と何も変わらないなぁ (^^;

幻のモバイルCeleron-M

2.4Ghz駆動の幻のモバイルCeleron-Mは、に終わった。

ノートPCに付けたけど、動かなかった。

別のPCで試したら、CPU状態表示ソフトCPUZで、「ただのCeleron2.4Ghz」と表示された。
なので、返品処理中。

そもそもノートPCはソケット479、このCPUはソケット478。

Celeron-MはモバイルCPUなのに、ソケット478も存在するところがおかしい。

しかも、INTELのホームページでロットNoで検索しても、ソケットの欄が無いので解らない!
なので、ヤフーオークションを見ると、Celeron-M、Pentium-Mはソケット479と書いて出品しているソケット478CPUが多数あって、大混乱。
メチャメチャな状態になっていた。

ソケット479は謎の多い企画。
ネット上にも情報は極端に少なく、調べても良くわからない。
ソケット478に小電力用ピンを追加したモバイル向けCPU。
こんな場合、ソケット479はソケット478の上位互換で、ノートPCに478CPUをさしても動きそう。
でも2つの478CPUを試したがどっちも動かなかった。

というわけで、我が家のノートPCはCeleron-M1.3GhzをPentium-M1.7Ghzに差し替えの予定。予算はヤフオクで4千円かな。

3割高速化だけでは体感速度の向上はイマイチ。

なので、どっちにしてもXP再インストールもやらなきゃね。

まあ、ネットだけなら2Ghz以上のCPU積んでもあんまし変わんない。
から、この辺のCPUでも十分かもなぁ。

4年目になるから、そろそろハードディスクも寿命。
いつクラッシュしてもおかしくない頃だね。

30G(5千回転)を120G(7千回転)に載せ変えもやるかな。
こっちの予算は新品乗せ換えで7千円だなぁ。

一般的に知られてないけど、ハードディスクは容量が増えると、速くなる。
1回転で読める量が何倍にも増えるってことだからね。
この辺のことはネット上でもほとんど話題にならないのが不思議だ。
情報処理試験にも出るんだけどなぁ。

今回は回転数自体も高速化を狙うからさらに高速化で、主に起動時間の短縮と、キビキビした動作が狙える。

リッター200円はエコだね

ガソリン値上げで渋滞解消

国内の車の登録台数も初めて減少。

車通勤族が通勤快速ミニバイクに乗り換え。
特に原付並みに税金と自賠責と燃費が安く、2段階右折も30km規制も無い小型登録が人気化している。
1番人気で売れてるのはアドレスV125だね。
低燃費
4ストとは思えない加速
冬でも1発でかかるインジェクション
そして原付並みの激安価格設定


でもバイクメーカーは勘違いしてるよね。

でもこっちは売れないよ。
今はそんなバブリーな時代じゃないよ。
ガソリン代がネックで車辞める人はそんの買わないよ


その値段なら軽4が買える。
雨、風がしのげる、エアコンも有る車を選ぶに決まってんジャン。

長野県でバイクが好調とか言っても6ヶ月が冬で雪も多いいんだから。
雪国の人は、秋にはみんな車通勤に戻るよ。

それでも首都圏、大阪以南の都市部だけでも車半減すればエコ的にはとってもいいよね。
バス通勤者が激増すれば本数も路線も増えて地下鉄並みに時刻表見ずに来るなら利用価値代。

歴史的に見て、縄文時代から現代までで、自家用車をみんなが持ってる時代なんてほんの40年しか無かった
ってわけだ。

歴史の教科書にそう書かれる日は近い。

一方、ガソリン300円時代になると。

10万キロが知るのに300万円かかるようになる。

すると、燃費が1/10ですむ家庭コンセント夜間充電の軽4が200万円で買えれば激増する。
将来のガソリン値上げを見越せばこっちが安いってなるから。

そうなると普及効果でバッテリーが安くなって新車も150万円を切る。
すると一気に通勤、買い物用小型車は電気自動車だらけに成る。

その前に家庭コンセント夜間充電のバイク時代がありそうだね。
1台数20万円でぐらいで買えるやつ。

どっちにしても、登録台数が減るのは一時的なものになりそうな感じは強い。

人間、一度便利なものを知ると、不便には戻れないからね。
私は大阪に来て、バイクと自転車が半々の生活になった。
月に1,2回電車。
ごく稀に、タクシー。
ごくごく稀にバス。
自家用車は処分した。

バイクは現在オーバーホール中でバラバラ状態。
エンジンは海外の血を混ぜて混血使用で排気量アップ。
キャブレターはタダのオーバーホールだけ。
吸気系の劣化したゴム部品は兄弟車の純正流用部品で容量アップ。
CVTのオートマは社外部品でハイギヤード化で最高速アップ。

そして問題はセッティングだね。
なにせ、消費エアーが激増だから、ガソリンと2STオイルもきっちり増量しないと、簡単に焼きつく。

類友を引き寄せた

今日はいろんなことがあったので、ブログに書いた。
長いだけで、何を伝えたいのか解らない、典型的な日記ブログに成ったので削除。

さて、またまた類友を引き寄せた。
ボアアップキットの売主さん。

バイク部品のヤフオク販売で生計を立ててらっしゃる。
クワドラント的には自営業のSに分類される。

でも、イロイロ話してると、発送、言葉、考え方は、S的ではない。

「お金より自由」を価値観としている。

自由な時間や経済的な自由や「自由そのもの」が最重要だと考えている。

自分のやり方にこだわるのがS。
結構そんなことどうでもいいってのがあるところが私と似てる。
自営業でこんな人はめったにいない。

自営業はノウハウを出し惜しむ。

逆に、私もこの人もノウハウを出しまくる。
情報を与えまくることにより、相手も自分の知りたい情報を提供してくれる。

Win-Winを自分からのプレゼントで始められる。

このタイプの人は、大量の情報を与えるが、お金を与えるわけじゃない。
だから、別に何も失わない
損するわけでもない。

逆に、自分の一番ほしいピンポイントの情報をいただけたりする。
繰り返すと、急激に必要な情報が集まり始め、ネットワークもできてビジネスチームとして機能し始める。

ネットワーク(人脈)を作り、チームを作る。

最高の情報を共有し、お互いに高めあう本当の友達を持とう。

引き寄せの法則、類は友を呼ぶ

「類は友を呼ぶ」
それは、引き寄せの法則の1つ。

今日、コーチングした北大生の子は、「若い頃の自分」を思い出すぐらい、似た人だった。

考え方、性格、趣味、葛藤、時間の使い方、読む本や興味のある分野。

そして自信と不安。

コンプレックス。

哲学と自己分析。

などなど。


そして、うらやましいポイントがいくつかある。

1.
中学時代にロバートキヨサキにすでに出会い、金持ち父さんもクワドラントも理解していること!
コレはとてつもないチャンスだ。
実現に数年かかったとしても、20代でセミリタイアできるって事だもんね。

2.
社会人になる前に既に、がっちゃん@社長って言うアドバイザーを手に入れたこと。
勇気を持ってコーチングを受けようとメールでアクセスした行動力で彼は成功を引き寄せ始めている。

別れ際に彼は言った。

「がっちゃんチームに入れてください」

でもその表現は正しくないのかもしれない。

Bクワドラント的表現で言うと・・・。

「私のチームにがっちゃん社長もアドバイザーとして入ってください。」

そう、

No1を自分のチームに集めるのがリーダー

これがBクワドラントの発想だね。

自分が努力して勉強して「No1になろう」とするのがE,S

微妙な違いが大きな違い。

他人をレバレッジとして活用しよう。

ノートパソコンは消耗品

ノートパソコンは消耗品だってことに気がついた。

パソコンは2,3年使えば調子が悪くなる。
フリーズのたびにWindowsは傷つき、2,3年もすればぼろぼろになるから。

っていままで思ってた。

でも今日真実を知ってしまった。

よく起動しなくなる5年前ぐらいのモデルのノートパソコンが最近絶不調。
キーボードを打っても入力できない文字が複数ある。

ちかじか、捨てる前に再インストールするつもりだった。

今日、ネットサーフしてたら、どうもこの時代のノートは、CPUが交換できるらしいって事に気がついた。

でも東芝のビジネスPCのサテライトシリーズ、特にJ32なんて個人では絶対買わないような地味なモデルの記事はネット上にはまったく無い。

そして、東芝のノートPCは分解難易度最高だって事は分った。

私のPCはセレロンMの1.3Ghz。
J32の最高機種はペンティアムMの1.5Ghz。

ヤフオクで落としたのはセレロンMの2.4Ghz。
ありえない格安で仕入れちゃった。

こんなCPUがはたして動作するんだろうか。

DOS-Vパワーリポート
業界雑誌のここが運営する秋葉原情報ページ。

このサイトはとてつもない情報量で記事の信頼性が高いことはオタク(もとい、ハッカー)の中では有名。なにせ、秋葉に数個だけ入荷したエンジニアリング向けの試作段階のCPUも抜かりなくリポートする。

ここの過去記事を検索しても、セレロンMの2.4Ghzの記事なんてまったく無い。
そう、市販されてないんだよね、このCPU。

まさに、幻のCPU。

なのに、激安。
っていうか、コストパフォーマンス的にはタダ同然だった (^^;

実は、セレロンMやペンティアムMは同クロックのセレロンの1.6倍高速に処理できるメッチャ優秀なCPU。
実はコレ、ペンティアム4シリーズじゃなくってペンティアム3シリーズなんだよね、正式発表されてないけど。

その後出たデュアルコアシリーズのセレロンやペンティアムも1.6倍高速に処理できる優秀なCPU。

INTEL的には、別な部署同士が競合する製品を作っちゃった。
そして、製品化した時期を無視してまで、Mシリーズを廃盤にしてまで、デュアルシリーズを売ることにした。

売りやすいから!

そう、マーケティング戦略なんだよね。

ってなわけで、幻のCPUが動くかどうか
PC復活なるかどうかは、今週中には実験できそう。


そして、今日のテーマは消しゴムみたいに、
PCは消耗品って話。

99.9%のユーザーはノートPCのオーバーホールなんてしない。
私も今日はじめてやった。
CPUが取り替えられるか確かめるために。

ネジを20個隠しファスナーをそれ以上の数空けてやっと分解できた。
PCの表と裏から見える全部のネジを全部抜いて初めてCPUにたどり着いた。

CPUクーラーは通常のPCの1/5ぐらいのサイズ。

そこにはゴミとホコリが堆積して詰まり、

なんと、

スポンジ状なったすんごい光景が待っていた!

まったくクーラーもファンも無いのと同然、機能していない。

こりゃそのうち壊れるわけだよ。
当然だよ。

CPUは熱を持つと、寿命が縮む。
そして壊れる。

MシリーズはCPUが熱くくなると、クロックが下がる。
最近、起動も3分半とかかかる。
メインPCと光が安定稼動したら、再インストールしたかったんだけど・・・。
最近は、遅すぎて処理が間に合わなくって、よけいおかしくなる負のスパイラルに入ってたんだな。

さて、メーカーとしては、やろうと思えば、対策は簡単。
クーラーのホコリがたまる側、つまり風上側にケータイの電池蓋みたいな蓋を付けてフィルターを掃除できるようにすればいいだけ。

簡単ジャン!

そんなこと30年以上もPC作り続けている全メーカーがきずいている。
でもやら無い。

消しゴムみたいに、
PCを、
使い捨ててもらうためにね!

さて、1.3Ghzが2.4Ghzに、180%のパワーアップができるのかどうか、メッチャ楽しみ!

成功すればタダ同然でPC完全復活なんだけどなぁ。

キーボードの不調なんて、USBキーボードつなげば即、解決だしね。

まあ、だめならペンティアムMの1.5Ghzという安全パイもあるし。
ノートPCは479ピンマシンなんだけど、意外とデスクトップ用の478ピン付けても動きそうな感じもある。こっちは値崩れしてさらにお買い得なんだよな。

まあ、ジャンクな世界は楽しい。
ワクワクする。
格安だから、失敗しても痛くない。

と、楽しくってしょうがない実物大のプラモデルなんだよな、これが。

ちなみに、一風館の共有スペースにあるフリーPCはデューロンの900Mhz。
メーカーの最高機種はアスロンの1.1Ghz。

前に試したことがある石はデューロンの1.3Ghzと、アスロンXPの2200+。
なんとこれが、どっちも動いた(^^

廃熱が悪くて、熱くなるからはずしてたんだけど、対策解ったからいつでも付けられるんだけどね。
面白いのは、アスロンXPの2200+。

これ、FSBも何もデタラメに違う。
BIOSだってメーカーPCだからバージョンアップもなくて対応してない。
メーカーPCはいじる人いないからネット上に情報もまったくない。
だからやってみるまで、できるかどうかなんてまったくわからない。
っていうか、動くと思う人は、まず、いないよね。

だけど、なぜか動くんだよなコレ (爆

エアコン取り付け

家(一風館)にエアコンを取り付けてみた。
1Fの居間と2Fの二世帯用居間には既に有る。
増設箇所は貸し部屋の1F寝室。

自分で付けてみた。
初期費用も安く、専用工具とか無しでも設置しやすいウィンド型。

標準工事ではつかない条件。
マニュアルどうりの開口面積を用意したのに、イロイロ有って合わなかったり。
マニュアルどうりの仕上げじゃ機密性が悪くってまったく性能を発揮できなかったり。

なんだかんだで満足な仕上げまでに3日もかかった。
メッチャ疲れたけど。

でも性能的には狙いどうり十分な性能。
見た目の美しさは80点でぎりぎり合格点でよしとしよう。
トータルの結果には満足した。

初期費用は一般インバーターエアコンのちょうど半分。
コストパフォーマンスもばっちり。

北側1回6畳なので、一般的なエアコンじゃかなりのオーバースペック。
省エネインバータータイプじゃないけど、ウィンドエアコンは最大馬力が低い。
ので運用コストは大差ないと思われる。
電気屋のエアコン担当者と相談したが、使用条件、使用法、使用時間などの状況によりどっちがいいのかはやってみないとわからないもんなんだそうですが。

勝手がわかったので、次に追加するときは楽勝でしょう。
特に南側の2部屋は標準工事で対応できる窓なので、作業時間30分でOKだね。

ただし、分電盤、ブレーカー容量的にそろそろイッパイイッパイかも知れないので、要チェック。

またまた大家スキルと、経験値アップしたのでした。

次のリフォームは2回の天井裏の断熱。
そして、居間の内装塗り替えかな。

リフォームも楽しいけど、原寸大プラモデルの、スクーターいじりとPCいじりも楽しくてしょうがない。
どっちも必要十分な性能なのに、さらにやりたくなるってのは病気、オタクの域に入りつつある (^^;

まあ、こんな生活がやりたくってB,Iになったんだから、人生楽しんでるってことでヨシとしよう。

誤解されるクワドラントの話

ロバートキヨサキのキャッシュフロークワドラントを読んだことありますか?

投資家やビジネスオーナーといった不労所得で食べて行けるように成るには必須の知識が掛かれてます。
私が数年前から働かないでも食べていけるようになったのはこの本のおかげです。

この本を読んだ人のほとんどは内容が理解できないです。

多くの人は、心が従業員、自営業者の価値観で支配されすぎているので、1回読んだだけでは理解できないから。

この本を読んで、
「従業員はイヤだ」
「働き続けたくない」

って思う人は多い。

でもそう思うだけでは心が
投資家や
ビジネスオーナー

になったわけではない。

「従業員はイヤだ」
「働き続けたくない」
と思って仕事を辞めると、ほとんどの人は収入が無くなる。

鏡の法則
によって、誰でも今現在の心のクワドラントが現実の収入に反映されている。

つまり、あなたの過去1年間の収入を思い出せば、心が何%投資家やビジネスオーナーなのか解る。

投資やビジネスからの収益がほぼゼロなら、心も右側のクワドラントに無いと言うこと。

あなたのお金の現実を変えるには、心のクワドラントシフトが必須

心のあり方が変わればお金の現実を変えられる。

キャッシュフロークワドラントを理解できないと、投資家やビジネスオーナーには成れないです。

成りたければ理解できるようになるまで、何度でも読み返しましょう。
私も何度も読みました。

ロバートキヨサキのキャッシュフロークワドラントとビジネススクールを。
特にビジネススクールは500回は読んだ。

薄くて読みやすい本だ。
でも何度も読んだだけではビジスオーナーには絶対に成れない。

実地の訓練が必要だから。

柔道の本や水泳の本を500回読んでも黒帯には成れないし、泳げない。
確実に。

右側のクワドラントに移るって事も同じ。
実地の訓練が必要。

実物大プラモデル

メインPCのクロックアップはオーバークロックで160%高速にしている。
クロックアップソフトを調べてもBIOS画面を見ても、これ以外のやり方がわからなかったから。

そこで、いろいろウェブで調べると、いろんな事が良くわかってきた。
私の持ってるCPUは200%のオーバークロックに耐える耐性の高い石だって事。
そして、私の持ってるマザーボードはどうやっても160%以外のオーバークロック設定が不可能な事。

ウェブって便利 (^^

まあ、これ以上速くしても、私のPCの使い方だと何の意味も無いので、コレで十分なんだけどね。

ちなみに、今時点のクロックアップでコストパフォーマンス最高なのは。
細かいクロック設定の出来るマザー&CPU=Core 2 Duo E8400 (3GHz,L2 6MB)に買い替え。
これで4GHZ駆動はほぼ確実。
世間では4GHZ以上まで回してる人達が大勢いるからね。

予算は3万円だな。

Core 2 Extreme QX9770 (3.2GHz)を今持ってるマザーでは定格動作できる。
でもQX9770はアキバでも16万円する。

なので、マザー入れ替えた方が13万円ぐらい安くつく事になる。

E8400の3.87GHZ駆動は定格駆動のQX9770よりもたいていの作業で高速。
普段の速度で負けるのはエンコードやりながら動画編集する時ぐらい。

そんな処理は私はまったくやらないので、無関係。

まあ、これ以上は約してもしょうがないので、現状で満足。

でも、最近、Intelは45nmプロセスルールのFSB800のCPU=Core 2 Duo E7200 (2.53GHz,L2 3MB)を出してきた。
Intelの戦略はいつも同じ。
E7シリーズを出したってことは・・・。

まず間違いなく、3ヶ月以内にFSB1066のE7シリーズの3.2GHZを1.5万円前後でリリースする。
と、私のマザーでもほぼ間違いなく4Ghz駆動できる。
万が一出来なくても、追加1万円でマザー買い足すだけで4Ghz前後で確実に動く。

と言う事で、衝動買いしてしまう確率、メッチャ大 (^^

どうしてクロックアップしてしまうのか。
そこに10年に1度のクロックアップできる耐性の石があるからだ (笑
オーバークロッカーの宿命だね。

intelはライバルAMDに対してハイエンドCPUの性能で大差をつけている時期はさらに高性能な製品を出す意味が無い。
価格戦略上、出さない方が儲かる仕組みでもある。

そういった時期だけ、無意味に実クロックを下げて販売する。

昔セレロン300Ghzの時もそうだった。
そして久しぶりに最近もそうなっている。

今の原付やターボ付の軽4、280ps自主規制のターボ車も同じ。
ターボの加給圧アップとか、CDI、ハイスピードプーリー交換。

どれも、リミッター解除だけで本来の性能を発揮する。
同じ遊びなんだよね。

プラモデルマニアの行き着く先はこんなところだったりするわけだ。

お買い得品、コストパフォーマンス大好きマニアでもある私はこの遊びが楽しくってしょうがない。

ちなみに、家のリフォームも同じ遊びだよ。
ちょっとの資金と時間を掛け、ネックを解消すると格段に住みやすくなり、コストパフォーマンス抜群なんだよね。

前回やった、20坪以上の増築に掛かった材料費と工具代の全額はわずかに数十万円。

これだけで3,000万円以上した新築の最高級住宅の床面積を約2倍に出来る。
つまり、坪単価を1/2に押さえられる。
コストパフォーマンスを2倍に引き上げられる。

どれも私にとっては同じ遊び。
実物大プラモデルなんだよね。

スクーターはなぜシーマより楽しいのか

去年まで乗ってたノンターボのシーマはV8、4100cc、280PS。
丈夫に出来ててトラブルや、壊れるといったことは皆無。
日本車は素晴らしく良く出来ている。

一方、今乗ってるスクーターは10PSも出てない。
いろいろとへたってきてて、手がかかる。

でもスクーターの方が断然楽しい。

なぜに?

1つは、シーマは全開にすることが無い。

エコランやってもリッター6km。
ブン回すと3km台に落ちる。
給油のたびに1万円札が飛んでいく。

V8、4100ccだと、1200回転も回ってれば国道の流れに乗れる。

国産高級車はどれも、メッチャ静かで、車を運転してる感じがしない。

眠くなる。
緊張感が無い。
静か過ぎる。
車を運転してるって言うより、音を消してドライビングゲームやってるみたいで、盛り上らない。

雨の高速道路を走ってても右手の親指と人差し指だけの片手運転で十分。
ドライビングテクニックなんてまるでいらない。

雨の日に床までアクセル踏んでも、ブレーキ踏んでもトラクションコントロールとABSでスリップもしない。

ドコが楽しいの?
こんな車を運転してて?

って感じ。

ってなわけで、
シーマは車としての楽しさが無い。

一方、スクーターは臨場感いっぱい。
どんなにブン回してもリッター20kmは走れる。
し、最近は自転車に乗るので、走行距離が減った。
なので、燃費もガソリン代もまったく気にならずにアクセル全開で町を走り回れる。

メンドウな車庫入れがしなくていい。

大阪の町中でも駐車場を探さなくて良い場面が多い。

パーツが安いので、プラモデル間価格で気楽に改造できる。
例えば、リアブレーキシュー交換はたったの数百円。
新品の車高調整式リアサス交換も6,000円。
工具もほとんど特殊なものはいらない、手軽。

馬力を上げても、ブレーキを調整しても、変則タイミングを変えても、ダイレクトに走りに影響する。
実にいじりガイがあるんだよね。

スクーターは元の性能がプアーだから (笑
ノーマルだと、町乗りでも性能出し切っちゃう。
だからいじりたくなる。

シーマの場合、キャパがありすぎで、何も改造する必要が無い。
もともと280PSなんて使う場面が無い。
高速道路を法廷速度の100kmで走ってもレッドゾーンの半分も回す事はない。
本来の最高速の半分も出てないんだしね。

1年中乗っててもキャパの半分も使う日はマズ無い。

だから、改造して性能が上がってもまったく影響が無い。
感じられない、いじりガイが無いわけなんだよ。


ってなわけで、今日は近所のバイク用品店に行って見た。

なんでもかんでも定価売り。
割安感のまったく無い店だった。

でも、広い店内は品揃えがスゴク良い。
車種別、サイズ別の部品が結構そろってる。
キャブのメインジェットも各サイズあるし、有名どころのパーツは現物を見れる。
大手の部品メーカーとは取引があるので、車種やサイズの無いものも注文で取り寄せられそう。

ってなわけで、
これは使える
って感じで、メッチャ好感触 (^^

これは常連になっちゃうよなぁ。

すごい、やる気になってきた。
今年中にボアアップまで手を出すことに成りそうだ。

とりあえず、やったことのないキャブのジェット交換の必要な分野に手を出す気になった。
今は、デイトナのターボフィルター&メインジェット5番アップがやりたくってしょうがない。

キャブやエンジンオーバーホールは何度かやったことは有る。
だけど、セッティングは今までやる気に成れなかったんだよね。
メンドウだし、ガスが薄いとか、プラグの番手が高すぎると、簡単にエンジンブローさせちゃうからね。

でもこれだけパーツがあれば、かなり安心感がる。

本格的にスクーターいじる前には、壊さないために。
今すぐ強化Vベルト交換が必要!

その前に、今回買った家の夏場対策が急ぎだね。

エアコン取り付けは今週中にやらねば。

2Fの天井裏の断熱工事も梅雨明けまでにはやらねばね。

あと、中古PC1台を人に譲るので、その対応も今週中だな。

楽しい。
が、忙しい。
でも今日は起きたら10時前だった。

マイペースなんだよね、B,Iクワドラントの住人は。

ウェイトローラー偏磨耗

最近スクーターの発進加速がおかしい。

2速発進や3速発進のように、まったく加速しないときが多い。
でもちゃんとダッシュする時もたまにある。

どうやら、無断変則のCVT関係が偏磨耗してるらしい。

とうとう、発進に5秒ぐらいかかるようになり、後ろの車にクラクション鳴らされた。

というわけで、オーバーホール。
とにかくケースが固着していて、ネジに異常に大量のネジロックがしてあって割るのにメッチャ苦労した。

そして、やっぱり、偏磨耗してた。
ウェイトローラーっていう、プラスチック部品が。
円筒形であるべきなのに、丸くない。
大きなフラットスポットが6個中の5個に発生。

手元に有ったハイスピードプーリーキットごとウェイトローラーを入れ替えてみた。
昔に乗ってた20年ぐらい前のリミッターの無かった時代の6.3psのJOGに入れて効果の無かったもの。

アプリオTYPE2につけてみたらピッタリサイズだった。
ウェイトはTYPE2用チューニングキットより0.5g重く、セミチューンになるらしい。
だけど、今までの純正よりは軽いので高速型になるはず。

入れて早速試乗。

で、びっくり。





メッチャ早い(^^

加速が断然早い。
最高速は13kmも上がった。
元が原付だから、たいしたこと無かったので、これは効く。
かなり高回転まで引っ張るけど、給排気ノーマルなので上品に静か。

アプリオTYPE2用のもっと軽いウェイトにすればさらに高速型になって加速が上がるんだけどね。
まあ、部品代は千円前後だから今すぐやってもいいな。

今回は、CDI入れたとき以上のはっきりした効果。
って言うか、両方やったから相乗効果なんだろうね。

片側3車線の近所の国道でも車の流れをリードできる。

かわりに、人ごみでゆっくり走ることがギクシャクしてやりにくくなった。
なので、日本橋や加賀屋商店街では押して歩いてる。

まあよしとしよう。

30キロ台から20キロ台の燃費。
けど、まだシーマの4~6倍ぐらいは走ることになる。
最近は自転車移動も多いので、走行距離も減り、交通費がすごく安くてOK。
電車で往復2千円ぐらいかかる実家へも大差ない時間で行けるのに交通費は1/4でいい。

2輪コンビの自転車&スクーターは最高だね。

交差点でダッシュすると、3車線の国道でも車の流れに追いつかれない。
横を大型トラックに車間距離開けずに抜かれる、スクーター特有の恐怖がなくなった。

なので、走りやすいし怖くないし疲れない。


めっちゃ調子いいっ♪


でもデイトナのターボフィルターも入れたいなぁ。
メインジェットいじるのはやりたくないから躊躇するけど。
ってここまで書いて、近所の部品屋に行って取り寄せ注文しちゃったよ。

デイトナのメインジェットセットと一緒に。

ついに、キャブセッティングの世界に一歩を踏み出す決意をしたわけさ。
今まで、エンジン、キャブレターのオーバーホールは何度もやったことあるけど、改造してセッティングしたことは無かったんだよね、知識もないし、ハマリそうで怖かったから。

今回やる気になったのは、ネット上で車種にあった情報を見つけられたから。
FAQがいっぱいあって、質問できるBBSもある。
すごい時代になったもんだね。

そのうち、人生攻略サイト系もこのブログ意外にもいっぱいできるのかもね。
まあ、勝ち組サラリーマンになるための資格所得ページとかは増えるのは確実だろう。
あと、手に職系の自営業者向け情報とか。

でも、B,Iに成る為のマインド面、心の教育は増えないだろうね。
著者がB,Iで無いと書けないからね。

さて、リアサスとメーターと強化ベルトは変えないとマズイなぁ、安全のためには。
って思いついたから強化ベルトも買ってきた。
リアサスとメーターはヤフオクで見つけて落としてしまった。

というわけで、今月はヤフーオークションにハマリまくっている。

大量出品されているアジア製の68ccボアアップキットも落としてしまった。
たったの6千円でシリンダーやピストンから細かいパーツまで全部セットになっている。
現地の一般補修パーツだろうから、特に高回転向けにセッティングされてるわけじゃないんだろう。
でもベース素材としてはそれで十分。
どうせデイトナ製だって車種型式ごとのセッティングデータを取り説に載せてないらしいしね。

まあ、圧縮比もハイオク用かどうかも書かれてないだろうから、自分で注射器でヘッド容量を測定して切削調整しよう。
ポートの高さのノーマルとの違いや形状で設計者の狙った回転数も分る。

ネット上の先輩によると、セッティング出せれば100km出るらしいし。
そんなに出したら今の自分のスクーターの直進性と制動力じゃ怖すぎるけど。

ボアアップキットの出品者は解体業者さん。
同時に多数出品してたから解った。

「不要に成ったパソコンやバイクをタダで引き取ってヤフオクで売ってりゃすごい儲かるね」
って情報を詳しく知りたくってメールで話てたら、すごい良い人だった。

話がはずんで仲良くなった。
同車種で私の狙ってる路線にすごい近い方向性で改造してる人で、ズバリほしいセッティングデータを親切にイロイロ教えてくれた。

ついでに、セッティングパーツを同封してくれるなんて嬉しい提案も・・・。

すばらしい出会いに、感謝感謝です。

というわけで、大阪生活は、楽しすぎる。

ネットのある時代って最高!

バイクとPCいじりとヤフオクばっかりで、不動産投資のリフォームがなかなか進まないよ(^^;

# TVパソコン

普通のエアコンの半額以下のドンキホーテの日替わり目玉商品を見つけたのが決めてだったんだけどね => スピードマスターさん

20年ぐらい前、Pentium66Mhz時代のころにマルチメディアパソコンって言うのが流行った。
PCでTVが見れた。

Pentium3 500MhzのころにHDDに録画できるTVパソコンが流行った。
ハードウェアキャプチャー機能のある、良いチューナーボードだと1万円以上した。

これを使って、最近TVを見ている。
今頃やってるんだけど、静かなマイブームなんだよね。
って言ってもTV見ない日のほうが見る日よりはだいぶ少ないけど。

デュアルコアPCだ当然だけど、サクサク動く。
地上派アナログ放送が終わる頃にはデジタルチューナーに移行しよう。
その頃にはチャンネル数も増えてれば良いよね。

オーバークロック

デュアルコアのセレロンをオーバークロックしてみた。

まずはCPUクーラーを強化。
廃熱の酷いペンティアム4かサーバー用CPUに使ってたらしい巨大なクーラーを格安で調達。
セレロンの4倍の消費電力の巨大なファンがついているインテル純正。

BIOS設定でFSB800をFSB1333に上げ、CPUクロックを1.6Ghzから2.6Ghzに。
あっさり完了。

WINDOWS上で走るクロックアップソフトを使えば3Ghz~3.2Ghzあたりまで上げられるらしい。
Core 2 Duo E7200 (2.53GHz,L2 3MB) だと3.8Ghzまで・・・。


クロックアップしてもCPUは冷たい。
まったく問題なく動いてる。

前に、デューロン900Mhzを1300Mhz(1.3Ghz)にしたときはすごかった。
熱すぎてやばそうだったのですぐやめて元に戻したんだよね。

ケースのCPU直上に廃熱用にダクトをつけて、ファンを上向け吸出し排気にすれば解決する。
ペンティアム4の高クロック版時代からはそういう設計なんだよね。
やりたかったけど、時間が取れなくて、まだ実現できてない。


でも、最近はゲームもやらない。
ウェブやメール、Mixiやってるだけなら、速度差は無い。

デューロン900Mhzと比べてもほとんど違わない。
違いを感じるのは起動時間だな。
あ、アンチウィルスソフトのディスクチェック時の動きの重さはぜんぜん違うけどね。

実は、光もADSLもたいして速度は違わないんだよな。
料金も大差ないけど。

3MBと10MBは違い、ストレスを感じる。
けど、10MBと30MBはあんまり感じないんだよね。
Windowsアップデートみたいに、巨大なプログラムをダウンロードする時意外は。

といわけで、実用上は自分の場合、これ以上速くしてもまったく意味が無いよね。

1000BASEケーブル

私はオタロードとデジィットに萌えます => エッソくん
日本橋は解体PCパーツ屋、ジャンクパーツ屋の分野が秋葉に対して弱すぎだよね。
あと、得体の知れない怪しい店も少ないけど、那覇に比べれば断然楽しい。

今日は劇的に光を高速化しようと、100BASEのLANを1000BASEのカテゴリー6の中でも最も高価な金端子の高級ケーブルに置き換えてみた。

そして・・・





意外な結果。

YAHOOの速度計測では約30MB

そして、なぜか前回20MBしか出なかったGYAOは50MBになってた。

劇的に早くなったので、メッチャ興奮した。

そして試しに元のケーブルに戻してみた。




すると、またまた意外な結果。
まったく変化なし!

つまり、GYAOのサーバーが強化されたようで、速くなっただけだった。
LANケーブルの影響は計測誤差範囲。
まったく効果なし (爆

100MB出てないんだから、1000MB対応でも効果が無いのは当然か。

私の使ってるプロバイダーがGYAOなんだから、GYAOの速度計測が早いのは当たり前すぎる結果。
今までが遅すぎでおかしかったとも言える。

と言うわけで、2倍以上も高価なケーブルは何の効果も無かったのでした。

チャンチャン

社長の英才教育

今では、大阪の中心部、大阪駅と難波には、ビッグカメラ、ヤマダ電機など、超大型家電量販店がある。
なので、電気街日本橋は廃れたと聞いていた。

今日、20年ぶりに遊びに行ってみると、まったく事実は違った。
メッチャ楽しいっ♪

秋葉原なみに面白い専門店がある。

物によっては秋葉原なみに安かったりもする。
やっぱ沖縄那覇とは根本的に人口が違う。
客層が厚い。

商品が多種多様で激安。
そして、ネット上より安い。

インターネットによって、地方と秋葉原の価格差は劇的にちじまった。

が、しかし。

売れ筋製品以外は、依然として価格差が大きい。
と言うのは、秋葉原の専門店は店頭価格よりネット価格をかなり高めにしているところが多いんだよね。

自分に学生の子供がいれば、おこずかいなんか1円もあげない。
変りに、「日本橋で仕入れてヤフオクで売ればコレだけ利益が出たよ」って見せてあげる。

これが社長になるための実地の訓練。
生きた本当の教育。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。