プロフィール

がっちゃん@社長

Author:がっちゃん@社長
元、投資会社社長

似顔絵は http://www.igosso.jp/ で作成しました。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自信は成功する為に必須

成功哲学シリーズに戻りますか。

自信:コレがないと、なにやっても長続きしない。
成し遂げたことや資産を書き出そう。資産は過去ログ:100人の村だったらを読めばビックリするぐらいたくさんの資産を持ってたことに驚くよ。

言葉にしてまとめると、自信が増幅し始める。
時間を掛けて練りこんで、プロフィールに反映した後もちょくちょく加筆、修正していっこう。そのたび自分の自信は深まっていく。また、自信不足だと思った人はいろんなことに挑戦し始めよう。今の自分に自信がないのは、過去の過ごし方に問題があったってこと。今の考え方、行動を変えれば自分は変わり始める。未来は簡単に帰られる。

今月がっちゃん@社長の推薦と書を全部読めば、来週からはプロフィールに書き加える。こんな本とであった、こんな発見があったって。ね、かんたんでしょう!?

人生を今と全く違ったものにできるよ。そして自信はさらにしっかりしたものになる。

スポンサーサイト

セミナー、本

セミナーや本、又は情報商材を作ろうかとは思ってたんだけど、最近そんなお声がちらほら掛かってきます、引き寄せ効果ですね。

昨日は某ラジオ局のDJさんで、イベント企画とかもやってる人にランチ誘われたんだけど、那覇でセミナーやるのが最初になりそうな予感。昨日はI&Bクワドラントや投資、教育関係を2,3時間、間きかれるままに答えてたんだけど、楽しいよね。フランス、イギリスなんかでも活動されてた方なのでグローバル系でも盛り上がった。

その情報量なら十分でしょう、商工会議所、青年実業家相手のセミナーが良いんじゃないかとの事で、セッティングしてくれそうです。感じもいいし、のりのいい人で同世代だったんで、末永くWIN-WINでやっていけたらいいなぁと思ってます。

新しいことやってると、ドキドキ、ワクワクが止まらないよね。いつまでたっても落ち着かないし、緊急問題もドンドン発生しちゃうんだけど、やめられないのが「起業家」の「チーター」なんだよなっ (^^♪

ジュワーっと涙あふれるアニメ

最終兵器彼女(Another love song)見ました。
ジュワーっと涙あふれますねー
セツナイですねー
ハイッ、こんなに泣けるアニメは初めてですねー。(淀川長治調)

と言うわけで、お勧めです。特に仕事、残業でボロボロになってる企業戦士の方やその恋人の人には。

私が最終兵器彼女のコミック読んでたころはまさにSのプログラマーで、チームもろともボロボロだったときです。後に別れた、当時の嫁さんは毎日深夜帰宅、ときどき午前様な建設会社の現場監督(道とかダムとか作ってた)の劣悪環境でもっとボロボロだったころ。まだ時間が取れるのは私のほうだったので、炊事、洗濯、スーパーで買出しは私がやってたよな。今思えばそんなにムリせず、外食売ればよかったけど。

そして、当時も読みながら毎回泣いてましたねぇ。

その前からの5,6年間(ラット抜け活動中)はTVにアンテナを繋いでなかった。TVに貴重な時間を吸い取られない為。レンタルビデオ専用モニターにしてた。昔はTVっ子だたのに、今では時間が有るけど、ほとんど見ない習慣になっちゃったね。なので、最終兵器彼女がTV化されてたことも知らなかった。と言うわけで、アニメで見たのは今なんだよね。

ちせ役の声優さん、良いですねー、萌えますっ♪

ちせのメカ部分、どうTV化するのか興味あったんですが、いい感じにまとまってるし。感情表現、心の葛藤が中心の展開がすごくいい感じ。

こんなに泣いたアニメって初めて!!
 

目標設定

目標設定:キャッシュフローゲームで言うチーズをどこにおくか。何回やっても、ゲームと現実のリンクがイメージできない人は、どこでもいいからって感じでチーズを置いてない?

目標を持って持ち歩く、これだけでTOP3%の人に成れる。と、神田昌典先生さんはおっしゃる。たしかにそんなことしてる人はいないよね。私もS=>Iへ行くとき同じ事をやった。プログラマだから1日中見てるPCの壁紙にセミリタイアしたときに住む、南の島の椰子の木のあるビーチ、クマノミや熱帯魚のいる海の中の写真は何年もかけてモチベーションを上げてくれた。言葉よりも映像の方が効いたかもね。壁紙には言葉もたくさん書いてたよ。最初は儲け続けるトレーダーになる。のちにこれはファンドマネージャーに成る、に代わった。そして実現した。

目標は具体的に書こう。
例えば新宿にいて、西に行くって漠然とした目標の場合、今すぐやる行動が見えてこない。
目的地が名古屋の場合、自家用車、バス、バイク、電車、飛行機などが適当でしょう。
目的地が沖縄の場合、羽田まで電車、そこから飛行機でしょうね。
目的地がスペインの場合、いったん逆方向の成田に行ってから、飛行機ですよね。

具体的な目標を設定すると、乗り物(ヴィークルの日本語訳は投資&乗りもの)が決まる。セミリタイアしたいのに、200万円で株を買っても、何の意味も無い。50%の利益が出ても100蔓延じゃ食っていけない。株で生活している人は1億単位の資金を持っている人だけ。流行のFXのスワップ派だと2000万円、CXだと500万円。今までオン、オフであった人たちの現状から見えてきた数字はこんな感じ。小額でできる当市ほどレバレッジが効くからよりハイリスクハイリターンなわけ。目標に応じて乗り物を乗り継いで行こう。

まづは目標はセミリタイア:不労所得で食っていける状態がお手ごろじゃないですか?

世界一周がしたい場合には、貯金を使って達成するより、不労所得だけで生活できる状態になってから行くのがお勧めです。毎日入る不労所得が旅費より安ければ旅行期間中にドンドン貯金がたまっていく。何年でも何週でも世界回っていられるしねっ♪


ミッション設定

ミッション:人生の目的

日本の会社の99%は中小企業。ほとんどの中小企業にはミッションがない。つまり、日本の会社のほとんどは「ミッションがないために大きくなることができない」とも言える。

さらに、個人でミッションを持っている人なんて、トップ数%もいない。目標もかかげてない人がほとんど。

ミッションがないと、目的も夢も無く、力が分散する。「強いフォーカスで達成する力」をミシミス捨てている。そしてどこへたどり着くのかは運や周りに流されていく、漂流者のように。

30歳未満の死亡率No1は自殺、そんな場面でもミッションは役に立ち、命を救ってくれる。ミッションがあれば、死んでる場合じゃないもんね。

がっちゃん@社長のばあい、
「成功を目指して変わろうと努力する人の手助け」

ミッションを設定した時点では、ただのトレーダーだったわけ。

去年、ミッションを設定したとたん、人生が急加速した。

ただのトレーダーから、資本家を巻き込んだ投資会社社長になった。
エモーショナルコーチング、アフィリエイト、インフォプレナー、キャッシュフローゲーム会、情報発信ブログなど、これら全部はそれからの1年間でスタートしたものばかり。全ての行動はミッションにフォーカスされてるので、ブレが無く、ベクトルが同じ一転に向かっている。
結果、人生が最短距離で達成されて行くわけだよね。

どの分野でも成功できるメカニズム

初めての大会で入賞するには。
チーターは勝てる勝負しかしない。勝てるレベルになるまで勝負しない。具体的には毎週トップコンペティターと競いあいながら飛び、負けた原因をたずねたりする。平日もシュミレーションを繰り返し、新しい戦略や戦術を試してレベルを上げていく。自分の道具と腕と大会の種目、エリアの風などから、高い確率で勝てるコンペ(種目)だけに出る。バイクのレースで言えばラップタイムを見て、ライバルより早くなってから出場するわけ。小学生でも理解できる単純で解かりやすいやり方。

だから無駄な負け(失敗)の回数を減らせる。
すると勝率が上がる。

どこのメーカーでも他社の製品や価格帯、市場規模、ニーズ、自社の強み、販売戦略、ブランド力などを研究する。勝てそうなパターンが見つかったら、試作品を作る。他者製品と比べる。他社の製品に十分対抗できそうに成るまで熟成を繰り返す。勝ち目があれば参戦する。

一方、脱サラで起業する連中の多くが失敗するやり方は、退職金をつぎ込んでやった事もない分野に切り込み、討ち死にする。起業家の90%が5年以内に廃業する仕組みはこんなに単純、小学生レベルでも理解できる。が、知らないから失敗しちゃうんだよね。

知識は資産だ。

決断=コミット

人生を決める男の決断=コミット。

「決断」とは、決めて断つ事。 思い、しがらみ、常識、世間様の目、批判、言い訳、泣き言、そのすべての思いを「断ち切る」こと。言い訳を止めて「すべての責任を自分で一生、背負い込む覚悟をする」。

自由と責任はいつもペアーで存在する。
他人と違う生き方を選ぶなら、全ての結果は自分に返ってくる。

決断して、周りの人にコミットしたと、宣言する。

「自分は~に成ります!」
持つ、やる、成るの「成るという決意」です。
できないといういいわけ、オプションを排除する。

背水の陣で成功しないと格好の付かないところに自分を追い込む。
すると価値基準が変わる。
行動力が変わる。
考えが変わる。
1本筋の通った人間に成る。

今まではだれだれのせいにするって言ういいわけの人生だった事を知る。だれだれが~してくれないとか、だれだれがどうだとか、まわりのせいにする発言が無くなる。独りの男として、ビジネスオーナーとして。

Eは会社に保護してもらう生き方、B,Iはすべてが自分しだい。
働こうがサボろうが、頑張ろうが、逃げようが、全ては自分しだい。
仏教で言う因果応報、全ての結果を自分の責任として受け止める。成功も失敗も。

自由と責任。

「自立した大人の男」になる。

すべては自分しだい。
問題が有るたびに自分が自分を変えて、成長しながら切り抜けていく。

すると今までの自分と違った人に成れる。
大きな壁を突破できる。


夢:ここから推進力が生まれる

夢:ここから推進力が生まれる
キャッシュフローゲームではチーズをファーストトラックのピンクのマスにセットする。初めての人は迷うので、どこでも良いからどっか決めてって言っちゃうよね。ゲーム2,3回目まではそれで良いけど、中級者以上は「夢」は重要、安易に決めてはいけない。心のそこからそう思える目標を設定する。

ラットレースでピンクのマスはお買い物、ファーストトラックのピンクのマスは大きなお買い物、本質は一緒!

違いは、目の前のお買い物に夢中な中産階級や勝組と呼ばれる人は、高級車、大きな持ち家、ブランド物のアクセサリー、スーツ、バッグなどに散在し、投資資金をためられない。

ゲームで学べることは「欲求の先送り」

小さなピンクを止めて、経済的自由になった後、大きなピンクも小さなピンクも一気にまとめて「大人買い」するわけ。

「夢=チーズ」はラット抜けするまでのモチベーションに成る。
また、夢の実現のチェックポイントとして今年の目標、今月の目標、今週のってスケジューリングもでき、今やるべきことがハッキリする。ゴールを定めず、勉強のためとか言って株投資することが最悪なのを、キャッシュフローゲームは教えてくれる。

夢の設定、コレがキャッシュフローゲームの出発地点。

ソース(あなたの人生の源はワクワクすることにある)

マイミクの何人かが「ソース(あなたの人生の源はワクワクすることにある)」が自分を変えた、すごい、って言ってるので、読んでみた。
これは面白い、引き込まれて一気に読んだ。

「はじめに」の10ページ目にある、「まともな仕事につき、一生懸命働いて生計を立て、結婚して子供を育てろ、世間の道から外れるな」。これへの反発からスタートしてるって所ががっちゃん@社長的には「解かってくれるのね」って感じで衝撃的な出会いだったわけです(長いプロフィール参照)。親の薦める良い学校、良い大学のレールに乗れない、落ちこぼれやヤンチャな人はハマッちゃいますよコレ、マジで面白い。レールに乗って素直な良い子になって、成功してる人たちが読んでも、壁を何枚もぶち抜く起爆剤になるかも。

内容的にはワクワクを追求すると、大好きな事をで楽しみながら仕事の分野でも幸せ間でも人生は最高のものになるって話しで、本田健さんに近いよね。「目標を立てるな」って言う所も同じだね。

優先順位をつけて、その順番に処理するんじゃなくってやりたいことは全部同時進行するほうが達成できるって話しも面白い、そりゃそうだって感じ。

文章、構成も良くできているので、一気に読めちゃいます、映画よりも断然面白かった。

全部私の気持ちを代弁してくれる気持ちよさ、こんな人生でいいんだよって認めてもらえる安心感、映画シークレットに似た感じで、さわやかな気分になっちゃいました。



成功者と共に

成功哲学は1度マスターすると、いろんな分野で力を発揮できる。

神田正則先生だと、億万長者入門を翻訳出版してベストセラーにした。
その後も続けざまにベストセラーを連発。
エモーショナルマーケティリング、コンサルタントで停滞している2代目のSを短期間で何百人も億万長者に引き上げた。
情報商材の発行を薦めたり、金持ちのやってる占いの経営への適用。「10倍早く本が読める」の紹介。顧客リストを最大限に利用してチラシ、DM,ホームページの活用法。

どれ1つ取ってもすごい成功なのに、書ききれない多くの分野での成功は成功哲学の対象を変えただけ、同じスキルの使いまわし。

ダビンチの芸術、科学、医療などのいくつもの分野で成功したのも同じ。

がっちゃん@社長のハンググライダー、パラグライダー、スノーボード、高い収益率を生み出す投資、社長になること、ビジネスオーナーに短期間で成ること。これは一見すごいことなんだけど、上の2人の天才と比べると普通に見えるよね。ココが大事。

普通の人に囲まれてると、それを基準に考えるから、多くの人は本来持っている力を発揮できていない。

すごい人に囲まれてそんな話ばっか聞かされると、それが普通と感じ始める。トップパイロットといつも一緒に競いながら遊んでると、急激にハイエンドな世界に引き上げられる

あなたの選ぶ友達関係や読む本であなたの人生は決定される。
成功哲学で言う引き寄せの法則、
心理学で言う鏡の法則、
世間で言われる類は友を呼ぶ。
どこにいるかでどんな人間に成るか決まる。

会社にしばられた生活を続ける場合、主任、課長、部長のようになっていくわけ。飲み屋に行ってはネガティブなことばかりいう。少し給料は増えるが、毎日残業で上司にどやされ、生活のためにお金が必要で、お金に操られ、辞めることもできない。寝る時間と会社にいる時間、通勤の時間、飯と風呂を引けば自分の時間はほとんどない。この人間関係を続ける人は上司のような人生が待っている。

だから一緒に過ごす相手を選ぼう。

近所、クラスが一緒、部活が一緒、職場が一緒、これらは自分で友達を選んでいない。物理的距離の近い人つつるんでいるだけ、つまり幼稚園時代から何の進歩もしていない。

だから一緒に過ごす相手を選ぼう。

mixiは便利な道具。物理的な距離を越えて、同じ考え、同じ趣味の人を簡単に検索でき、気軽にメールできる。使わない手は無い。

投資家の成功者にも連絡が取れる。
ビジネスオーナーにも質問できる。
アポ取ってオフで会う事だってできる。

一緒に過ごす相手を選ぼう。

NLP

NLPは脳をプログラムする言葉、方法。脳の動き、状態、パワーなどをコントロールする。PCをプログラミングするC言語なんかと同じで、脳を思い通りにあやつれる。

楽しくなると胸を張って歌いながらスキップしちゃうけど、逆にスキップして歌いながら胸を張ると、楽しくなるんだよ、人間って。逆に猫背でうつむいて弱い呼吸でネガティブな独り言を言うと、ウツウツとしてくる。

体をキーボードにして運動し、呼吸や裏声で脳を積極的にコントロールすることで自分も未来も変えることができる。体の動き、姿勢、言葉や息づかいを意識的にプラスの事ばかりやって、人生を好転しよう。

1度マスターしたつもりになっても、すぐ忘れるのが人間。時々できてるかチェックしないとすっかり忘れてしまう。特に「ハマッタ」時や凹んだときなど。

成功哲学の解説特集

成功哲学の解説特集をやろうと思います。
多くは私のプロフィールに取り入れてますから、見比べながら読むと解かりやすいでしょう。成功哲学はもう既に1つの分野として確立されてますから、それらの内容は重なっています。それぞれの人が自分の言葉で伝えてるって感じですね。がっちゃん@社長のプロフィールもその中のひとつなわけです。

モデリング
成功者の考え方、やり方、言葉、体の使い方、息づかいなどをレシピとして取り出す。具体的には、目標とする成功者の伝記を読んでマインドマップに書き出せばいい。身近に師匠を見つけたら、とにかく聞きたい事を全部質問する。

ハンググライダーの場合。飛んだ後の寝るまでの時間はトップフライヤーに毎日質問しまくった。すると、先輩が見出した上昇気流の見つけ方や翼の性能を引き出す飛び方、使ってる道具の調整や改造など何でも教えてくれるんですよ。トップクラスの人は惜しみなく知識を提供してくれる。意外とそんなもんです。それらをジグソーパズルのように繋ぎ合わせていくと、その世界のレシピが出来上がる。

スカイスポーツの業界雑誌には嘘がたくさん紛れ込んでいる。スポンサー企業や業界の持っているネガティブな部分は隠して、ポジティブな部分が誇張されて書かれてる。大会の会場の上昇風が吹きやすい場所や特有の風があるけど、そんなことは雑誌には書かれていない。上昇風はサーマル、リッジ、アーベント、雲の吸い上げ、シアー、ウェーブなどに分類されるが、最後の2つは決まったエリアだけで発生しやすい特殊な風なので、世界選手権日本代表でも見つけ出して飛びに活用できる人は少ない。最後のウェーブにいたっては、ハンググライダーの性能では使えない風だと一般的に思われている。でも長野県の安積のハンググライダークラブの会員の過半数はこの風に乗ったことが有る。そして高度4000m以上をハンググライダーの性能で飛んだ人は国内では数十人しかいないが、これも同クラブの過半数は達成している。それほどまでに地形によって吹く基本パターンが実際には有る。業界雑誌にはそんな話は載ってない。

ちなみに高度3000mでは空気密度が30%少ない。つまり翼に当たる風が「薄い」わけ結果的には地表近くのときより羽の面積が30減ったのと同じ事なので、まともに飛べなくなってくるわけ。

当然エンジン出力も落ちる。ゼロ戦は高度3、000~4、000mまでしかまともに飛べなかった、自然吸気エンジンは出力の落ちが激しい。B29やP-51は10、000m以上でも十分飛べた、ターボ付きで空気の薄い高地でも馬力を出せたからね。

B-29を竹やりやゼロ戦で落とすことは根本的にムリが有るんだよね。

時間が縮んでる!

若い頃にベストテン、トップテンって言う歌番組があった。MTVとかも有って、とりあえず流行の曲全部が試し聞きできて便利だったんだよね。気に入った曲をみつけたら、アルバムで聞き込む、みたいな。最近はそういうのがないから着いていけないなぁとか思ってた。

ちょっと、SPEED&島袋寛子を検索して解かったのは、どのファンのホームぺージ閉鎖されている。そして結成が10年前「BODY&SOUL」でデビュー、解散が6年前だということにすごいショックを受けた!

2,3年前のような気がする。子供の頃にどうしてラジオは懐メロなんてくだらない曲を流すのかと思っていたが、今頃オヤジどもの感覚が理解できたよ。時間の流れがメチャメチャ速くなってる。

人生、後半分などと甘い事を考えていたが、もう残り1/3切ってるのかも、体感的には。

音楽の感覚が鈍ってるのも気になる。新しい曲でこれは良いって夢中に成れるのがほとんど無いんだよね。新曲を待ってるバンドは「EASY POP」1つだけだし。

でも映画はレンタル屋の新作コーナーでチェックし、時代遅れにも成らないし、新作も違和感なく見られる。こっちの時間の感覚は縮まないらしい。

脳の部位によって発達、衰退する時期が違うんだってさ。
だいぶ前に読んだ本、糸井重里の「海馬」って言うのが興味深いよ。30歳過ぎて急激に発達する部分で、天才脳と関係がある。

これ読んでEを辞めて独立するなら20代より30代が良いんじゃないかなって思ったよ。

じごえ

先日テレビでジゴエと裏声について言ってたんだけど、女性の30%は普段の会話が裏声らしい。自分でできるテストをやってみたら、なんと男性では珍しい普段の会話が裏声だと解かった。裏声だと声帯に良くないらしい。あと、アメリカでは低い声で無いと軽薄、信頼できないと言う話しも聞くし・・・。

TVでやってるじごえのトレーニングを2,3日やってたら普段の声が1段低いじごえに成ってしまった。そして裏声には戻せなくなった!
声が1段低く、周りの印象は「元気がない」、「暗い」、「落ちてる」など非常に良くない (^^;;;;

そして飲み会で話をしていると3,4時間でのどが痛くて話せなくなった。前は10時間ぐらいぶっ通しでマシンガントークしてたのに!
本当に声帯に良いのかさえ怪しくなってきた。

昔好きだったSPEEDの島袋寛子(おおっこの人も「ひろこ」だっ)が解散後ボイストレーニングして発声を変えてから魅力が激減した事を思い出した。

う~ん、後悔先に立たず。今回の失敗はデカイ。

DNA,RNA?

>一つの細胞内にRNAという、小さい小人さんが
>沢山いて、細かい仕事はやってたような気がします。
>面白いので、また調べてみましょうか~!!
RNAとはコレだそうです。
もうすでに専門用語だらけでイミワカラン!
一般人でもわかる一般人向けのページ見つけないとダメダコリャ。

>ただ、進化の過程の記憶というのは、脳の普段使っていない(退化)し>た部分に本能として存在して
脳をいくつかのパーツに分けると、それぞれ役割がある。

>それを作った設計図は・・やっぱDNA?

だよね。

精子はサイズ的にもDNAに泳ぐ為の毛が付いただけにみえる。
あの毛を動かす筋肉やプログラムはどこに入ってんだか。
卵子はDNA意外に、材料も大量に入ってる、ニワトリの卵見てもそうだよね。あの中にもいろいろオブジェクト(プログラム&データベース)が隠れてるかもね。

人間の場合卵は胎盤で母体に繋がってるから、栄養以外にもいろんな情報系も受け渡してたりして。

関係無いけど、胎児と母体はへその緒で繋がっていたわけで、母と子の血液型が違うのが長く謎だったんだけど、最近知った。実は親子は同じ血が流れてないんだってさ。胎盤で栄養やなんかだけをやり取りしている、だから血液自体は別で、血液型も違うんだってさ。

人体のミクロな部分も宇宙のマクロな部分も解明されるスピードはドンドン加速してるよね。年老いた頃には先端医療はどこまで進んでるんだろう。

PCのDVD

PCのDVDなんて17インチだから映画見てもつまんないだろうと馬鹿にしてたが、とんだ間違いだと知った。

数十センチから見るディスプレイは離れてみる大画面TVより断然迫力がある。画素数が桁違いだから昔のTVと違って、粒粒が見えないんだね。ビデオより絵が綺麗だし、独りで見るならこれで十分だ。

人間が選び地球を動かす

>また、話飛びますが、DNAに人格があるとして
>その自由な意志で、進化の元を作ってキタとしたら
>そうとう「お茶目」な性格ですね。
>普通、ゾウみたいにあんなに長い鼻やキリンのような
>長い首なんて、デザイン段階で辞めますが
>採用したのを見てると「相当お茶目」だと
>思ってしまいます。

DNA(進化の歴史)はおちゃめな天才かも!?

人間の次のレベルの高等生物が見てみたいね。1つ前はオランウータンらしいから、1レベルの違いは別世界なはず。神の領域に入って行きそう。

地球自体に意思があるなら、あるいは神が創った箱庭だったらどう思うだろう。人間は生態系のバランスを破壊する。他の種をいくつも滅ぼした。無意味に増殖するあたりは地球にとってのガン細胞か?
人間が地球を壊して終わりってのはやめにしたいよね。

逆に人間の文明が熟成されて良い方向に向かえば、地球を1つの国、1つの通貨に統合し、核を廃棄し、資本主義の次のレベルの統治を発明。ロボットや遺伝子操作や医学の進歩で寿命が延び、非人間的な労働はロボットに任せ、人間はクリエイティブな仕事をする。基本的には地球連邦の持つロボットが肉体労働、単純作業、納税、衣食住やサービスを提供するので、やりたい人はやりたい仕事をやりたいだけできる自由。やりたくない人はやりたい遊びやスポーツをする楽園に移行することも可能でしょう。なにせ人類の歴史は4千年で今の時点まで進歩した。そして、ドンドン変化は加速している。

種の次のステップへの進化は4千年なんてもんじゃなく、時間が掛かる。良くも悪くも、人間の世代で、天国、地獄、どちらかの世界へ地球を導くんだろうね。

どうせなら良い方に転がしたいもんだ。

そうすれば、人類の次の種は壊れた地球を修復してくれるだろう。

DNAは700MB?

>個体同士が接触することで、相手の個性を記憶し
>DNAが保存すれば、相手のDNAの一部として
>生き残ることは可能かも~

個体同士の接触で脳の記憶は確かに変わるよね。でもDNAにそこまでの細かい情報は無いような気がする。700MBに入りきらなそうだよね個別の体験までは。

ところで、DNAは2分割されて精子、卵子を作るとき、1匹づつの精子のDNAはもとのコピーだよね。でもどれも同じじゃないよね?同じだったら、子供は同じに成るから。双子は全く同じDNAだもんね。コピーなのに同じじゃない理由って何だっけ?アレンジするのかな?忘れちゃったよ (^^;

>ちなみに、DNA一個で約700MBの情報量らしいです。
これって2重ラセンのたんぱく質の数と3進数(タンパクが3種類なら)で単純計算したのかな。圧縮かけたとしてもその程度なのかな。飛行実験や単眼複眼(昆虫の)、レーダー(こうもりの)、音波(クジラのソナー)GPS?(渡り鳥の位置情報システム(奴らは既にマチュピチュレベルの天文学の知識や地球が丸いことも知っるのか!?))=>怖ぇ~ ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

美味しいと思うものに栄養があり、苦い、すっぱいものは毒性のものが多いから食べない。肉だけ、野菜だけ、アリだけ(アリクイ)、何でもなど、種によって食べ物自体が違うから、美味しいと反応する対象が異なる。オス犬は小便の時片足を上げるとか、食欲性欲、睡眠欲って言うようなOSインストール済の基本ソフトもDNAに織り込み済なんだろうか!?
違うとしたら、DNA以外の受け渡し情報でもあるんだろうか?
あるいは3種類のタンパクを分解すると、100種類のアミノ酸やペプチドに分解されるので、「300進数だった」とかって話しかも。ちなみに、細胞に点在するDNAの粒たちが、細胞分裂のときだけ2重ラセンに戻るよねぇ。その動き自体はどこに記憶されてるのかなぁ。ここだけで800MB越えそうな気がするけど。どういう方法で散らばったタンパクを2重ラセンに編みこむのか?

縫い針も無いぞ、順番は誰が覚えていて指示を出してるのか?

設計者、現場監督、労働者、編み棒、接着剤など、どこに隠してるんだ細胞って奴は?

核分裂後の戻った先も細胞内のどの位置に設置するかって言う情報とかさ。とてもじゃないが、レーダーと航空力学、流体力学の実験(設計、試作、フィードバック)だけでもそれぞれギガ以上の世界だよね。シュミレーションの各プログラム、メモリーだけでもメガの世界じゃないよね。700MBでできるとは信じられないなぁ。

飛行実験は水生生物時代の記憶がDNAに残ってるからそれを基礎にしたのは間違いないだろう。でも、水の抵抗と空気の違い、空気密度、重力、流体力学、風洞実験など繰り返さないとまともに飛ぶものは作れない。レーダーはさらに高度。目と違って、自分から電波を出さなきゃいけないからね。水生生物時代の情報がDNAに残ってるなら、これまた脳と同じで使われる可能性が高い古代の記録まで残してるってことか。とてつもないねぇ。

話を続けると・・・

健太さん、自由な発想展開する楽しさを喜んでもらえたら嬉しいです。

エッソ君、あの打ち込みにくいコメント画面で大作のコメントありがとう。ちょっと話を膨らませて遊びましょうか。今日は台1回目 (^^

>すなわち他人の記憶の一部に、自分の情報が残れば
>その人にとっては、自分は「生」であり
>たとえ、物理的に消滅したとしても
>情報が残っていることで「死」では無いとすれば

そんな考え方ってあるよねぇ。
人は寿命があるから、それを超えたくっていろんな足跡を残す。
ミイラ遺跡、古墳、ピラミッド、寺、なんかを作ったり。
財団とかノーベル賞とか、XXX通り、XXX博物館、XXX大学とか
庶民レベルなら、お墓作ったり、お寺の修復費を出して、名前を刻んでもらったり。
私の考える後進国に学校をってのもこの1つでもあるね。
でも、髪の毛1本のDNAでも数千年の時を越えてクローンで復活できる近未来には、自分の物質的な部分は庶民でも簡単に残せるね。DNAーBANKに登録しておいて、200年後に復活させてくれるサービスとか面白そう。人口増えすぎの食糧難で法的に認めなくなるだろうけど。そしてソフト面をどうするか。クローンで赤ん坊まで作ってそのあと体験学習で成長させるか。あるいは今と同じ年齢の(16歳にしてもいいけど)クローンまで育てて今の記憶をダビングするか。脳のデータを吸い上げる技術の完成はちょっと先だけどね。

自分って・・・

自分って誰?
哲学的な話しじゃなくってエッソ君の行ってた話しの続きなんだけど。

自分って1人の人間じゃないですか、そう思ってますよね。
今のあなたは人間レベルで考えてますよね。そのレベルで物を考えている。

さて、人間は何からできているんだろう。
あなた>五臓六腑>細胞>たんぱく質>DNA>DNAの2重ラセンを構成する単位の物質>原子とか電子とかの類>さらに・・・。

逆方向にも展開できる
宇宙>銀河系>太陽系>地球>生物>動物>人間>日本民族で日本国籍の日本人>あなた。

さて、本当にあなたは今物を考えているので存在します。
蜂は(蟻でも良いけど)は女王蜂(仮に「はち姫」と呼ぼう)だけが卵を産みます。蜂の巣にいる他の蜂(仮に「はちぼう」と呼ぼう)は生殖機能が無いメス、つまりはちぼうはDNAを次世代につなげることなく死滅していく、そこに個体としての生存理由は有るのか?
子孫を残せないのに。

間違いなく、はち姫チームの意識はあるだろう。はち姫の子孫繁栄を願ったチーム員としての役割を行う。夏の暑い日、蜂の巣が高温にならないよう、はちぼう達の一部が巣に風を送る扇風機になったりする。
彼らは言葉も無い世界にいるのに、学校にも行ってないのに、はち姫チームの繁栄の為の歯車となる。さて、物を考えて判断しているのは1匹1匹のはちぼうなのか?
蜂姫チーム(物質的には繋がってないけど)なのか?
はち姫個人が統括しているのか?
逆方向に考えると、はち姫とはちぼうたちの「DNA(ほぼ同じもの又は全く同じものかもしれないが)」なのか?

日清、日露、第2次大戦の時代、本当に日本人1人1人が物を考えていたのか?常識に流されてみんなの向く方に向いていたとしたら、思考は集団レベルでなされてないか?そこに個は存在するのか?
村八分、隣組制度などで、個人の考えを押し殺すとき、村単位で帝国単位で考えていたのじゃないか。

意外とDNAレベルでははるかに高度な事を考えてないのか?
設計図は全パーツ分、時計のように正確な動き方までプログラミングされた図面。本能までもプログラミングされている目に見えないサイズの超超高性能な記憶媒体でありかつDVD-Rのようにコピー機能も持ち、自動車生産ラインのように生物を作り上げ、壊れたら修理までもする。
実験もせずに空を飛ぶことも可能にする超高度な文明でもある。

DNAが1匹ずつが人間一人ずつより高い知能を持ち、考えていたとすれば!?
「僕らの作り上げた1個人がっちゃん@社長って、もしかして多少は考えたりする力を持ってるのかもね」って言ってるのかもしれない。

日本人って単位で意思決定する場面があるよね。会社の会議で空気を読んで自分の考えを引っ込めたりとか。本当は日本人とか、地球人とかDNAとか別な単位でも思考されているのかもしれない。

彼らもまた、「1匹ずつの動物にも意識が存在して考えたりしてるのかもね、「そんなバカなことは無いだろうけど」って話してるかもよ。

DNAを見る人間のように。日本人を見る人間のように。

不思議の国沖縄

沖縄最強ホームセンター:メイクマンの苗売り場に行くと、パパイヤ、マンゴー、スターフルーツ、食用バナナ、「パンの実」の木、などの苗を普通に売ってます。まあ、なるほどと思うけど、なんかちょっと不思議な気分。

あと、タイヤコーナーは90%ほどがインドネシアメーカー、その他はダンロップのみ。

セブンイレブンは沖縄には一軒も無い。

漫画のスヌーピーが気に入って飲んでるルートビアはA&W(ハンバーガー屋)やBIG(小さめなホームセンター)で売っている。どんな味かものすごく興味があって、見つけるなり買って飲んだがなんともすごい味。コーラに漢方薬を山盛り入れた感じのノンアルコール飲料。2度と飲まないと誓った。

ちなみに、スーパーの魚売り場には当然ですが、イラブチャー(緑)を始め、色とりどりの熱帯魚が切り身などで売ってます。

テーマ : お金の勉強 - ジャンル : 株式・投資・マネー

CPUの謎

昔、CPUやコンピューターの仕組みに興味を持ち情報処理の専門学校に入った。
しかし期待はずれで、日本語をコンピューターのわかる言語(C言語やCOBOL言語)に変換する通訳業務を教えられただけで、SE,プログラマになった後もそれはまったく変わらず、20年経っても何も謎は解明されなかった。

電球や飛行機の発明家は誰でも知っている。一方、CPUやコンピューターという過去数十年間で1番驚異的な発明であるその分野の発明家の話を今まで1度も聞いたことが無い。仕組み以前にその大発明者の名前すら知らない。知っているのはIBMが弾道計算用に作ったと言うことだけ。CPUの内部もレジスタがあったりバッファがあったりっていう小学生レベルの知識しか無い。20年業界にいた。10年前、アキバで部品集めて趣味でAT互換機を数台組み立ててもいぜん謎は謎のままである。情報処理1種の試験や上級シスアドにも勿論出題されない。

アマチュア無線のテストにもコンデンサーやトランジスターの作用は出るけど、脳のように判断する部分の確信にはやはり触れられていない。
ソフト屋だけでなく、CPUの設計やってる連中だって同じだろう。DVDの再生は最初はソフトがあって、ハードに処理させていた。浮動小数点計算、MP3再生やダイレクトエックスだって同じ事。より高速に処理できるようにソフトを専用ハードに組み込んだだけだ。おそらくインテルやAMDの設計人の中でも、このあたりの核心、本当のことが解かってる人はごく一部なんだろうね。ネット上であらゆる情報が飛び交っているが、その手の核心に触れる話は聞いたことが無い。


だれか知ってる人がいたら、書いてるホームページがあるなら教えてください。興味を持ったのに20年も解明されない謎ですから。

DNA

DNAの情報量ってどれぐらいあるんだろう。ダーウィンの進化論が仮に正しいとして考えてみる。

人は胎児の数ヶ月間、進化の過程を再現すると言う。昆虫は芋虫や蝶やハチ、さなぎの情報量を持っている。それぞれの食べ物、動き(はったり飛んだり)。心臓の細胞も目の細胞も脳神経もDNAは同じで1つだけ。つまりどの臓器、どの成長過程も成れる情報量が詰め込まれている。ちなみにクラゲやヒトデなんかだとはるかに複雑に変異する。

飛べる生物は羽を作って羽ばたけば飛べると言う、とほうも無く難易度の高いレベルの発明をどうやってできたのだろう。ライト兄弟だって理論から図面を起こし、重量と翼の面積との比率をどうやって知ったのか?実験をせずにそれらを知ることは、人間の脳では不可能。DNAが進化したとするダーウィンは本当に正しいのか!?

ソウだとしたら、DNAは図面も実験も試行錯誤も工夫も無しに飛ぶ事を習得したのか?だとすると、人間の巨大な脳なんてDNAの足元にも及ばない性能ってことになる。そんなにすごいDNAが何億個も集まって脳を形成している。ならばDNAよりはるかに高性能なはず。なんかこの辺に矛盾が嘘、偽りがあると思う。

進化論が正しいなら、人間からちょっと進化し始めた新たな生物が定期的に発見されるべきだと思う。チンパンジーから人間に代わる途中な奴もあちこちで行われているはず。たまにチンパンジーから人間との中間生物が生まれたって報道もあるはず。あらゆる種で進化の途中、突然変異で進化中な生物だらけのはず。しかしそのてのニュースは聞いたことが無い。数万年かけて進化するなら過渡期な生物、一定割合で違った機能、形、中間の生物が生まれるはず。金魚やコイが突然変異で派手な色のが生まれる程度の変化は確認されてるけど、肺を持った金魚などの本格的な進化中の奴はいない。

本当に進化論は正しいのだろうか。

キリスト教では神は自分に似せて人を作ったと言う。進化論の発表時点で神へのボウトクと言われたのはこの辺が絡んでいる。ちなみに、ダーウィン自身はキリスト教徒であり、ただのたんぱく質が進化を繰り返し人までたどり着く確率は天文学的な奇跡だと言っていたらしい。

この話しは中学時代に進化論を聞いたときからの仮説。テレビで進化論の話しが出たり、エヴァンゲリオン見たりするたびにいつも思い出す。

だれか大学で専門にやってた人や、よそのホームページで解かりやすく解説しているのを見たことある人は教えて欲しい。

記憶力

引越しで捨てた物で一番後悔した物は、若い頃のカセットテープ。当時の売れ筋のLPは最近CDで復活している事に気づいて10本ほど聞いてみた。本当はB級のコアな分野の方が自分にとっては大事なんだけど、それは復刻版が出ていない。

20年以上もアクセスしなかった古い記憶(データ)は意外なほど鮮明に残っていて驚いた。こんな情報おそらく一生何の役にも立たない。なのに、しっかり焼きついてる。人間の脳は3%しか使われて無いって言うのはこんな再生不可能と思われる古いデーターが消されず残っているのも原因なのかも。イントロ聞くと、最初のフレーズやサビが思い出せる。でも聞くまでは全く忘れていた。と言うことは、PCで言うところのゴミ箱に入れて、さらに込み箱を空にした常態。インデックスが壊れてるからランダムアクセスできないんだけど、データ自体は消されず残ってるから、ダンプリストからは再生出来るって感じだね。

CD1枚700MBとすると、当時のカセットが300本とすれば210GBがその状態で残っているわけ。映像系はDVD1枚で8GB、300本で約3テラバイト。記憶はCD,DVD以外の実体験映像、もっと言うと、感触や匂い、味なんかもある。数年~十数年間学校で習ったけど使ったことの無い情報の数々、いろんな経験、五感は音と絵だけじゃない。ギガの桁以上あるんだろうね、忘れたつもりになってる古い記憶って。

体を動かす意識的に使える筋肉、オートマティックな制御系(内臓などの無意識なコントロール)なんて考えはじめると、人間の記憶力なんてG(ギガ)→T(テラ)あたりでは収まらだろうね。P(ペタ)→E(エクサ)あたりか。いやもっと上っぽいね。ロボット技術はようやく歩いたり走ったりできるレベル。バタフライや平行棒、棒高跳びやスノボ、ハングとか実現するならこれまたそれぞれP,Eのプログラムとデータからなる(オブジェクトって言ってもいいけど)情報量だよね。

そして、サビは思い出せる曲は何度か聞きながら歌ってるとほとんど思い出せる。弱まったニューロンが太く強くなるんだろうね。使われてない右脳の活性化には、若い頃の音楽や映像を再生するのは有効そうだ。

別な視点で、リフレーミング。
死ぬ前に走馬灯のように一生の記憶が駆け巡るって言う。もしかしたらそれは、「速読よりはるかに速い速度で、脳をシーケンシャルアクセス、速読的にダンプリストのようなものを再生している」と言うのが、がっちゃん@社長の仮説。


親父の復活

脳こうそく(つまり脳で血管が詰まった)で、記憶や筋肉のコントロールが落ちた私の親父はかなりな部分まで復活しました。70歳過ぎても、生き残った部分の脳が機能を代行し始めたわけです。震える小学生みたいな文字は以前の達筆なレベルまでほぼ元どうりに戻りました。ニューロンが伸びて、脳のほかの部分が代替してるんでしょうね。1年でそこまで戻ると言うことはその勢いで成長できると言うことじゃないでしょうか、70歳過ぎても。すごいね人間の潜在能力って。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。